AWS CLIでAWS S3にアップロード ダウンロード

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > AWS CLIでAWS S3にアップロード ダウンロード

AWS S3 導入支援 サポート

今回はAWS管理統合ツールであるAWS CLIを使ってS3にファイルをアップロードするTipsです。

 

クラウドの容量は無限、安心安全』を謳っても、手作業で手元の無数のファイルを1つ1つクラウドにアップロードすると日が暮れてしまいますよね…。便利なのはわかるけど、移行するのは面倒くさい。

しかしAWS CLIというコマンドラインを利用してAWSを操作できちゃうのです。そんなわけで、ばすっと1発ぶちこんで終わらせようと思います。

 

S3関連記事

 

まずはIAMでS3ユーザを作成します。

IAMグループ

【サービス】>>【IAM】>>【グループ】>> 【新しいグループの作成】をクリックします。

 

 

IAMグループ

グループ名の設定として【s3-users】として、【次のステップ】をクリックします。

 

 

グループポリシーのアタッチ

IAM

ポリシータイプの検索窓に【S3】と入力すると、S3関連のポリシーがずらずらでてきます。

AWS S3へのフルアクセス権限にチェックを入れて設定しました。

 

IAM

【グループの作成】をクリックします。

 

 

ユーザの作成

IAM

【ユーザ】>> 【ユーザを追加】をクリックします。

 

 

 

IAM

ユーザ名に”sg-user-demo”と設定し、【プログラムによるアクセス】にチェックを入れ、【アクセス権限】をクリックします。

 

 

IAM

【ユーザをグループに追加】タブをクリックして、先程追加したグループ名にチェックをいれ、【確認】をクリックします。

 

 

IAM

【ユーザの作成】をクリックします。

 

 

 

IAM

 

成功しました。

  • ユーザ名
  • アクセスキーID
  • シークレットアクセスキー

3つをメモして控えて下さい。

 

 

S3のバケットを作成します。

AWS S3

【サービス】>> 【S3】をクリックします。

 

 

 

AWS S3

【バケットを作成する】をクリックします。

 

 

 

AWS S3

バケット名、リージョンを任意で入力して下さい。

 

 

AWS S3

バージョニングは有効にした方がいいかと思いますが任意で選択して下さい。

【次へ】をクリックしましょう。

 

 

 

AWS S3

【次へ】をクリックします。

 

 

AWS S3

【バケットを作成】をクリックします。

 

 

AWS S3

バケットが出来ました。

 

 

AWS S3

【フォルダの作成】をクリックします。

 

 

 

AWS S3

任意のフォルダ名を入力し、【保存】をクリックします。

 

 

 

AWS CLIのインストール

いよいよコマンドで操作する

 

 

 

AWS CLI設定

 

  • AWS Access Key ID : IAMユーザ作成時のもの
  • AWS Secret Access Key : IAMユーザ作成時のもの
  • Default region name : 適切なリージョンを
  • Default output format :json

対話形式で設定を行って下さい。

 

バケットが見れるか確認します。

 

アップロード

アップロードを行います。

 

※解説
# aws s3 cp wordpress s3://バケット名/フォルダ名/ –recursive

 

AWS S3

アップロード出来ました。

 

S3のバケットを見てみよう

AWS S3

フォルダをクリックします。

 

 

AWS S3

アップロードされていることを確認出来ました。

 

 

ちなみに、ダウンロードは逆にします。

 

IAMから掲載したので長くなりましたね。

お疲れ様です。

 

金広 優(エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166