AWS S3 + Nephila clavataによるWordPress画像サーバ

WordPress S3 CloudFront Nephila clavata による画像サーバ

今回はWordPressのプラグイン【Nephila clavata】を使ってS3にメディアファイルをアップロード出来るようにします。冗長化の基本は単一障害点を作らないことですが、

  • EC2にはコンピューティング処理に専念させる
  • S3に画像など静的ファイルを置く
  • RDSはMultiAZにする
  • ※CMSを採用する場合は、クラウドでスケールが容易なCMSを選択

上記を考慮に設計しておくと、後から容易にスケールしやすい環境がAWSでは簡単に作れます。また、S3は何重にも冗長化されており、耐障害性に強く設計されているので、障害部分をあまり気にしなくていいですね!ただS3の配信速度は遅いので、フロントにCDNであるCloudFrontを置いて配信するのが定番となっています。

 

AWS S3がよくわかる動画

 

Amazon S3 は重要なデータを保存するための耐久性のあるインフラストラクチャを提供し、オブジェクトの 99.999999999% の耐久性を実現するように設計されています。データは冗長化されて複数の施設に保存され、各施設では複数のデバイスに保存されます。

 

@see Amazon S3

Nephila clavataのインストール・設定

 

では、今回はWordPressからS3にアップロードが簡単に行えるプラグイン【Nephila clavata】のインストールと設定をご紹介します。

 

WordPress Nephila clavata

プラグイン【Nephila clavata】をインストールします。

 

 

 

WordPress Nephila clavata  AWS S3

【有効化】を行います。

 

 

 

WordPress Nephila clavata  AWS S3

【設定】をクリックします。

 

 

 

WordPress Nephila clavata  AWS S3

IAMユーザのアクセスキーID,シークレットアクセスキー、AWSリージョンとStorage Classを入力し選択し、【変更を保存】をクリックして下さい。

 

※アクセスキーがわからない場合は、【サービス】>> 【IAM】からIAMユーザを作成する事により取得出来ます。

 

WordPress Nephila clavata  AWS S3

次にS3バケット、S3 URLの入力を行いましょう。

 

WordPress Nephila clavata  AWS S3

S3バケット名、S3(私の環境ではCloudFront)のURLを入力します。

 

WordPress S3 CloudFront Nephila clavata S3アップロード

無事S3にアップロードが行われました。

 

余談として、ファイルサーバで定番のNFSは単一障害点になりやすくS3等があるAWS上では敬遠されがちですが、近々東京リージョンでもリリースされるだろうEFS(Elastic File System)はMultiAZの冗長化に対応で、EC2にマウントが出来るといったNFSの欠点を克服した形で利用出来るのが楽しみです。ネックとしては、EBSやS3に比べて料金が高めなこと、とても遅いところが考え所ですが、セキュリティが求められる時などEFSの特徴に合わせて設計したいですね。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166