WordPress高速化 Redis + WP Redis Object Cache

Redisを使ったオブジェクトキャッシュを使った高速化方法。

 

ページキャッシュもいいけれど

1台ならAPCu、複数サーバを扱う場合にはRedisを使って疎結にオブジェクトキャッシュしてみるのも乙ってもの。

また、併用しても良いですね!

 

環境

  • CentOS7
  • Redisインストール済み

 

さくさくと手順をご紹介

 

index.phpをバックアップ

WordPress公開ディレクトリに移動します。

 

predisをダウンロードします。

 

wp-index-redis.zipをダウンロードします。

 

権限の設定を行います。

index.phpのバックアップ

 

index.phpを置き換えます。

PHPでRedisを扱えるモジュールのインストールを行います。

 

PHPが扱えるようにWEBサーバを再起動させて下さい。

WordPressの管理画面やURLからプラグイン【Redis Object Cache】をダウンロードを行い、インストールして有効化させて下さい。(https://ja.wordpress.org/plugins/redis-cache/)

 

WPのRedis設定サンプル

 

オブジェクトがキャッシュされているか確認してみましょう。

Redisにキャッシュされていますね!

お疲れ様です。

金広 優 (エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166