AWS CloudFront+S3で作るCDNエッジサーバ

AWS 導入サポート 運用支援 クラウドシステム

高速で堅牢な静的ファイル配信サーバの構築

 

Amazon CloudFront

コンテンツ配信ウェブサービスです。他のアマゾン ウェブ サービス製品と統合されたこのサービスを利用すると、開発者や事業主は、低レイテンシーと高速なデータ転送速度で簡単にエンドユーザーにコンテンツを配信できます。@see AWS CloudFront

S3単体でも画像サーバや静的WEBサイトの配信が可能ですが、CDNとしてCloudFrontエッジサーバをキャッシュとして活用することでより強固な配信環境を得られる事が出来ます。

CloudFrontの作成

AWS CloudFront S3 設定 キャンペーンサイト

【サービス】から【CloudFront】を選択し、【Create Distribution】をクリックします。

 

AWS CloudFront S3 キャンペーンサイト

【WEB】セクションから【Get Started】を選択します。

 

AWS CloudFront S3 エッジサーバ【Origin Domain Name】でS3のバケットを選択します。

サブドメインでの公開を予定する場合

【Alternate Domain Name(CNAMES)】でサブドメイン付きのドメインを設定。Route53での設定で必要になります。

 

 

AWS CloudFront S3 CDN 静的ウェブサイト キャンペーンサイトCloudFrontが作成されます。※完全にCloudFrontの状態が整うまでは少し時間がかかります。

 

 CloudFrontにRoute53でドメインを設定するAWS CloudFront CDN Route53 独自ドメイン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aliasを使いimg.ドメインをS3に指定します。

 

 

AWS クラウド構築サポート

アクセス出来ました。画像サーバの用途であればこのままでも大丈夫ですが、静的なWEBサイトとして公開したい場合は、ドメインでアクセスしたらデフォルトルートとしてindex.htmlやindex.htmlを優先的に公開したいところです。

CloudFrontのデフォルトルートファイルをindex.htmlに設定する

 

AWSクラウド環境構築 運用サポート

CloudFrontのダッシュボードに戻ってIDをクリックします。

 

AWS CloudFront S3 index.html【Edit】を選択します。

 

AWS 導入支援 サポート クラウド環境構築

【CloudFrontのDefault Root Object】でindex.htmlを設定する。【Yes, Edit】をクリックします。

 

AWS クラウド環境構築サポート CloudFront

index.htmlがデフォルトで表示されます。

 

AWS S3 クラウド環境構築支援

いいじゃないか٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

AWSの導入/運用保守サポート承ります。

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。
AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。




この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166