2020年5月14日 現在リニューアル中です 各ページを修正しております。細かい部分レイアウト崩れ等ございますがご了承くださいませ。
Laravel

Laravel Requestによるバリデーション

Laravel

Laravel

Laravelのリクエストを利用すると、コントローラに処理が渡る前にバリデーションなどの処理が出来ます。リクエストを利用することでコントローラの肥大化を防ぐことが出来て処理がわかりやすくなります。

 

 

ひな形の作成 バリデーションを記述しよう

artisanでPersonRequestを作成します。

 

/project/app/Http/Requests/PersonRequest.phpが作成される

rulesでリクエストに対するルールを記述し、message()でエラーメッセージを上書き(オーバライド)しましょう。書かないと英語のエラーメッセージがでるYO!

 

リファレンス

他にも便利なバリデーションルールがLaravel側で用意されているので、リファレンスをチェックしましょう。
https://readouble.com/laravel/5.5/ja/validation.html

基本的にLaravelのバリデーションルールで記述して、対応出来ないものは自分でバリデーションを書いていけば効率的ですね。

 

コントローラにリクエストを指定する

user_create()にPersonRequestを指定します。

/project/app/Http/Controllers/PersonController.php

user_create()メソッドにPersonRequestでリクエストインスタンスを指定することで、PersonRequestクラスで記述したバリデーションを利用できるし、使いまわしたり、使わなかったりすることが簡単に出来ます。

 

表示 bladeでエラーメッセージを出力しよう

 

/project/resources/views/users/add.blade.php

名前が未入力でフォームを送信すると「名前は必ず入力して下さい。」というエラーが出ます。

 

 

お疲れ様です。

Laravel
最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG