Laravel

Laravelのリクエストを利用すると、コントローラに処理が渡る前にバリデーションなどの処理が出来ます。リクエストを利用することでコントローラの肥大化を防ぐことが出来て処理がわかりやすくなります。

 

 

ひな形の作成 バリデーションを記述しよう

artisanでPersonRequestを作成します。

 

/project/app/Http/Requests/PersonRequest.phpが作成される

rulesでリクエストに対するルールを記述し、message()でエラーメッセージを上書き(オーバライド)しましょう。書かないと英語のエラーメッセージがでるYO!

 

リファレンス

他にも便利なバリデーションルールがLaravel側で用意されているので、リファレンスをチェックしましょう。
https://readouble.com/laravel/5.5/ja/validation.html

基本的にLaravelのバリデーションルールで記述して、対応出来ないものは自分でバリデーションを書いていけば効率的ですね。

 

コントローラにリクエストを指定する

user_create()にPersonRequestを指定します。

/project/app/Http/Controllers/PersonController.php

user_create()メソッドにPersonRequestでリクエストインスタンスを指定することで、PersonRequestクラスで記述したバリデーションを利用できるし、使いまわしたり、使わなかったりすることが簡単に出来ます。

 

表示 bladeでエラーメッセージを出力しよう

 

/project/resources/views/users/add.blade.php

名前が未入力でフォームを送信すると「名前は必ず入力して下さい。」というエラーが出ます。

 

 

お疲れ様です。

PHP, タグ:
金広優
この記事を書いた人:金広優

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM Cloud、AWSなどを扱ったクラウド、オフィスや商業施設のネットワーク構築案件が多くなっています。