転送速度を把握しよう

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > 転送速度を把握しよう

 

100Mbpsが1秒間で100MB通信できるんだ!凄いなぁって思ってた時期が私もありました。(あなたもそう?)

 

そんわけで、今回はお客さんに説明する際に必要になる場合もあるかな?とチートシート作成を兼ねて転送量の計算として記事にしてみました。サーバが遅いということで相談を受けるも、サーバではなくて、契約しているサーバのネットワークが貧弱なことが原因ってあるんです。いくらサーバ側で処理速度をあげても、出入り口が細いと大きな画像や動画はつっかえつっかえで、どうしようもないです。そんなぐんにょりな気分の時には外食でもして気分転換をしましょう。食後のコーヒーも忘れずに。

それから転送量の帯域を広げてあげるとするりといきます。

 

 

前提知識

1Byte = 8bit
1MB = 8Mbit
1GB = 1,024MB

覚えなくても良いですよ!こういうものなんだなぁって知って下さい。

 

 

よくある回線速度

  • 100Mbps = 100Mb/sec = (100Mb / 8) / 1sec = 12.5MB/sec
  • 1000Mbps = 1000Mb/sec = (1000Mb / 8) / 1sec = 125MB/sec
  • 10000Mbps = 10000Mb/sec = (10000Mb / 8) / 1sec = 1,250MB/sec

こういうことになりますね!

よくわからなければ、8で割れば馴染み深い単位のMBになるんだなぁって覚えると良いです。

 

おや、100Mbpsで100MB/secだと考えて、自宅の回線を契約していて落胆している人がたくさんいそうな気配です…。でも安心して下さい!通信速度はこれまで通り変わりません。なんでITはこんなに複雑なんでしょうね。

 

 

具体的な計算をしてみよう

 

20MBのデータを100Mbpsで送信したい(伝送効率100%とする)

20MB / 12.5MB = 1.6sec

 

1.6秒で送信出来ます。

 

 

20MBのデータを100Mbpsで送信したい(伝送効率80%とする)

20MB / (12.5MB * 0.8) = 2sec

 

2秒で送信出来ます。実際の伝送効率は10~20%落ちる場合があるので80%で計算しました。

 

 

1GBのデータを100Mbpsで送信したい(伝送効率100%とする)

1024MB / 12.5MB = 81.92sec

 

81.92秒で送信出来ます。

 

 

 

1GBのファイルを送った時に40秒かかった。この回線の転送速度は?

 

1秒当たりの転送速度を求めます
1024MB / 40sec = 25.6MB/sec

 

1MB = 8Mbitだから、
25.6 * 8 = 204.8Mbps

 

このサーバの転送速度は204.8Mbpsだってことがわかりました。

整理するとそこまで難しいわけじゃないのです。

 

 

お疲れ様です。

 

金広 優(エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM BlueMix InfrastructureやAWSなどクラウド案件が多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166