スポーツゲームとアメリカスポーツのつながりは新時代の幕開け?

スポーツゲーム アメリカスポーツ

(@see  http://www.slashgear.com/ea-games-debuts-a-batch-of-new-games-for-ios-including-scrabble-and-mortal-kombat-16119889/)

 

EAという会社をご存じでしょうか?

“米カリフォルニア州に本社を構えるエレクトロニック・アーツは、家庭用ゲーム機、携帯ゲーム機、PC、携帯電話など、あらゆるプラットフォーム向けにエンタテインメント・コンテンツを開発し、全世界で販売する世界最大規模のゲームソフト会社です。”と、サイトではこのように紹介されていますが、我が家にもいくつかこの会社のゲームソフトがあります。

 

サッカー好きにはたまらないFIFA公式ゲーム

 

スポーツゲーム アメリカスポーツ

(@see http://torrentpcgames.com/fifa-2016/2)

 

サッカー好きの息子が大好きなサッカーゲーム『FIFA16』。このソフトを我が家ではiPadで遊んでいますが、よくできていますね、臨場感がハンパないです。個人的にサッカーは好きですし、息子とのコミュニケーションの一つとしてはとてもいいのですが、問題は試合が終わるまではゲームが辞められない、ということでゲームで遊べる制限時間をいつも越えてしまい、けんかの要因にもなってしまいます。

息子のクラスメイトのサッカー好きな友達たちもほぼやっていて(この場合、お父さんがサッカーファン)、子供は子供で今どきの選手の話を、大人は大人で10年、20年前のサッカー話をして盛り上がっています。

 

スポーツとエンターテイメント

スポーツゲーム アメリカスポーツ

(@see http://www.gettyimages.com/detail/news-photo/finals-view-of-the-palace-of-auburn-hills-stadium-during-news-photo/81422523)

 

ところでアメリカでスポーツを見ていると、そのエンターテイメントのすごさにいつも驚かれます。お客をいかに楽しませるのか、ということにすごく力を入れているのがわかります。

 

例えば野球だとホームランが出たときの映像、三振を取ったとき、地元チームを盛り上げるのにもバッククリーンは欠かせません。子供たちへの簡単なプレゼントや試合途中で行われるTシャツトスなど、よく考えられています。会場のアナウンスも一役買っていますよね。

アメリカで驚いたのが、NBAのファイナルを観戦する機会があったのですが、あの室内で選手紹介の時に打ち上がる花火があったこと。室内で花火!? とど肝抜かれましたね。もちろん地元チームが勝った暁には紙吹雪の嵐です。

 

チームによって盛り上げ方が違う?

スポーツゲーム アメリカスポーツ

(@see http://www.lagalaxy.com/stadium/map)

 

さて、サッカーの場合はどうなんでしょうか?

 

サッカーは野球と違ってスクリーンでテレビと似たような映像がでますが、もちろん解説などは聞こえません。

他の国ではどうなのかは知りませんが、相手チームが点を入れると淡々と○○チームの背番号何番の選手が今シーズン○点目を入れました、とアナウンスされますが、地元チームが入れるとお祭り騒ぎのようになります。アナウンサーは声高く叫び、ゴールシーンは何度もスクリーンで流され、音楽は鳴り響き……と、これでもか、と盛り上げます。

 

ニューヨーク・シティFCとEAゲームのつながり

スポーツゲーム アメリカスポーツ

(@see https://www.youtube.com/watch?v=PgumHedJ_5s)

 

地元ニューヨーク・シティFCのゲームを観ていて、驚いたことがあります。チームの得点王、ダビド・ビシャが得点をしたときには、地下鉄から彼が降りてきてフィールドに立ち、両手をちょっと下げて広げ「得点したよ」と観客に向かってポーズをします。ここまでは普通なんですが、ただその映像が、生ではなく、EAゲームのFIFA仕様のビシャなのです。

 

そこにアナウンサーが「ダビード!」と大きく叫び、観客が「ビシャ!」と返答するのがお約束。ロックコンサートのように、右手拳を振り上げます。

私たちが見に行くとほぼビシャが得点をするのですが、他の選手が得点をしても同じように選手はゲーム加工されていて、その選手に見合った、それぞれ違うポーズをします。

こんなところにもコンピューターゲームが繋がっているんだと、つくづく関心しました。FIFA15, 16のゲームで遊んでいる息子は大興奮です。
ただゴールシーンを何度も繰り返すだけでなく、こういう方がちょっとオリジナリティーがあって、面白いのかもしれませんね。ニューヨーク・シティFCは2015年にできたばかりの新しいチームなので、こういったことができたのかもしれませんが、今後はゲームと現実の世界との融合が他のスポーツでも起きていくのか、目が離せません。

 

ヤンキース球場に行くには

 

緑ラインの地下鉄4番線に乗って、161丁目ヤンキース球場駅で降りるのが一般的な行き方。ヤンキース、ニューヨーク・シティーFC、そして紫ラインの地下鉄7番線に乗っていくメッツの球場(シティ・フィールド)にしても、地下鉄はチームを語る上で外せない象徴なのです。

 


りべるら ライター
りべるら ( ライター )

 

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。

 

この記事を書いた人:


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166