ヒロシマ

今年も8月6日が過ぎました。
毎年この日(アメリカでは時差の関係もあり8月5日)、アメリカの歴史ばかりを流すチャンネルでは必ずといっていいほど、戦闘機から原爆を落とした映像が流れます。2016年の7月に、ヒロシマを加害者であるアメリカ人と被害者の日本人ハーフの息子と、初めて訪れました。

 

きっかけは、オバマ元大統領

ヒロシマ

2015年末くらいから学校で第二次世界大戦に関する小説を担任の先生が読んでくれたおかげか、アドルフ・ヒトラーやナチスなどに興味を持ち始めた息子。その流れでアメリカ軍が日本に原爆を落としたことも知りました。
それと同時に現役アメリカ大統領として初めて2016年にオバマさんがヒロシマに訪れ、その時に行ったスピーチを見たりしました。
恥ずかしながら、日本人でありながら1度も広島に行ったことがない私。これは良い機会だと思い、息子に訪ねてみたところ「行ってみたい」ということで、7月の下旬、ヒロシマに行ってきました。

 

 

 

原爆ドーム

原爆ドーム

1泊2日という強行軍ということと、梅雨が明けたにも関わらず天候が良くないとのことだったので、着いた日の夜に平和公園を取りあえず訪れてみました。
原爆ドームはライトアップされているという話を聞いていたので見て来ました。

小学生の頃、歴史の時間などでは知ってはいましたが、よくぞこのままの状態で本当に保存されているなと感慨深かったです。
翌日は朝から博物館へ行き、息子には音声ガイドで中身を見てもらいました。

 

 

 

 

今だからこそ、考えたい『核』のこと

ヒロシマ

@see http://blog.goo.ne.jp/funabasiakiko/e/8bdb574659934658c43acc2fec5d822b

 

北朝鮮とアメリカの間で緊張感が高まっています。
果たしてアメリカ人の中で、核を使う事に対して、どのくらいの人達が「良い」と考えているのか、まったく想像がつきません。

というのも、アメリカ人の中には今も「原爆を落とす事で戦争を終える事が出来たんだ」と言います。確かにその通りかもしれません。でも原爆が落とされその結果どうなったのかという『事実』もあるのです。

その辺りをもう一度考えて欲しいと思うのですが、「アメリカファースト」を呼びかけている大統領になっているので、過去以上に難しい問題になっていると思います。

 

もっと世界へ発信できれば。

ヒロシマ
@see http://pokemon.appbako.com/archives/3205

 

ニューヨークに住んでいると、日本へ行ったことがあるというアメリカ人によく会います。
彼らの多くがほとんどと言って良いほど「ヒロシマ」へ行っていました。

行った私も思ったことですが、彼らも言うのは

レプリカでも良いので、外国へ持って行く事は出来ないのだろうか? いや、やるべきだ。これは世界にもっともっと発信していかないといけない事だよ。

ということ。

だってヒロシマに行くのはあまりにも遠い。

大人である私ですらすごい衝撃を受けた博物館。
当時9歳だった息子がどれだけ衝撃を受けたのかは計り知れません。

今だからこそ日本人として「できること」を真剣に考えないといけないな、と、ここ最近の状況をみて、つくづく思いました。

りべるら (ライター)
この記事を書いた人:りべるら (ライター)

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。