ビールじゃないけれど、ビールと名の付く『ルートビア』に息子が首ったけ

ルートビア

http://berghoffbeer.com/blog/why-is-root-beer-called-root-beer/

子供が生まれてから『ジャンクなんてとんでもない!』『無添加・無農薬が当たり前!』みたいな生活をし始めていますが、いえいえ、ワタクシ、もともと添加物大好きで育ってきていて、ドクター・ペッパーやチェリー・コーラのような「科学的」な味が大好き。
アメリカには日本では見かけないような名前のついたソーダ類が豊富で、片っ端から試した中で「こ、これは美味しい!」と思ったのが、ルートビアでした。

 

そもそも『ルートビア』って何だ?

ルートビア rootbeer

https://thesoapaddict.wordpress.com/2010/07/09/my-tasty-root-beer-experiment/

 

さらっとウィキってみたら”アルコールを含まない炭酸飲料の一種。商品としてのルートビアは、アメリカ合衆国において19世紀中頃に生まれたとされる。バニラや、桜などの樹皮、リコリス(甘草の一種)の根(root; ルート)、サルサパリラ(ユリ科の植物)の根、ナツメグ、アニス、糖蜜などのブレンドにより作られる。

 

使用原料やその配分は厳密に決まっておらず、銘柄によって様々なアレンジが施されている。”と書かれていました。

 

 

味覚は親子で似るのだろうか?

ルートビア rootbeer

http://www.foodnavigator-usa.com/Suppliers2/PepsiCo-is-using-Senomyx-flavors-in-Mug-Root-Beer-and-Manzanita-Sol

もともと香草(パクチー、またはシャンツァイ)やアニス(ウイキョウ)などのクセのある味が大好きな私。好き嫌いの激しい息子がルートビアを気に入るとは思ってもいませんでした。

ルートビア、普通にスーパーやデリ(コンビニみたいなもの)などで購入できるのですが、写真のルートビアは添加物がたくさん入っているし、甘いのであまり購入したくないのが本音です。

 

 

ビール製造所で、オリジナル・ルートビアを飲んでみて

ルートビア rootbeer

数年前にアラスカに行って来たのですが、アラスカって至る所でご当地ビールを作っていたんえす。と同時にご当地ルートビアも造っていて、へええええ、と驚いたものです。もちろん怪しい添加物は入っていません。いわゆる「無添加」という奴ですね。なのでウィキに書いてあったように”使用原料やその配分は厳密に決まっておらず、銘柄によって様々なアレンジが施されている”ではないんですけれど、ビール同様に場所場所によって微妙に味が違って面白かったです。
何よりもビールよろしく16オンス=1パイント(約473ミリリットル)のグラス(時々ジョッキ。写真はジョッキの時です)で運ばれてきて、色も黒ビールみたいで、息子もほくほく喜んで飲んでいました。

 

美味しいルートビアは、コレだ

ルートビア rootbeer

https://birchbeerrecipeshvi.wordpress.com

「お母さんはビールやワイン飲むのに僕は?」

と言われているので、心が痛まないルートビアはないのか? と思っていたら、ありました、大好きなトレーダージョーズに。1本1ドル。4本セットで3ドル99。怪しい添加物は入っていません。

日本では沖縄や小笠原諸島、もしくは輸入専門店で購入できるそうです。
機会があったらぜひお試しください。意外と美味しいかもしれませんよ。

りべるら (ライター)

この記事を書いた人:りべるら (ライター)

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166