インド系スーパー 本格派インド料理を作りたいなら

インド系 スーパー

@see http://www.travelandleisure.com/travel-guide/new-york-city/shopping/patel-brothers

 

さすが人種のるつぼと呼ばれているニューヨーク。いろんな国のスーパーマーケットがあります。

大好きなインド料理を作るために、私の住んでいる所からちょっと遠いですが、インド系スーパーマーケットに行ってきました。

カレーに必要なスパイスを求めて

インド系 スーパー

カレーを作るときには日本の「ルー」を使用していたのですが、子供が生まれてから添加物の事が気になり、ここ7年ほど、いわゆる「カレー粉」を使ってカレーを作っています。日本のカレーと違って「コク」と「うまみ」がなかなか出ず、試行錯誤な日々。その上、近所のスーパーではなかなかスパイスが手に入りにくい。

 

ところでニューヨークには中国街があるのと同様に、インド人街もあるのです。
ということで、カレーに必要なスパイスを求めて、ン年ぶりにスーパーに行って来ました。
(写真は実際に購入したスパイスです)

 

インド、インド、インド!

インド系 スーパー

久しぶりに訪れたら、すごく広くなっていた上に商品が増えていてびっくりしました。
洋服以外のもの全て、ここで購入できそうな気配です!

 

何よりも楽しかったのが、今回の目的であるスパイスコーナー。
赤唐辛子や日本では「うこん」で知られているターメリックが1キロ袋で売られていたりして、規模の違いに驚いたり。豆はインド系の人のみならず、いろいろな国の人達が食していますが、こちらも他では見たこともない大きな袋で売っていて、圧倒されました。

 
インドのお米と言えば、バスマティ米。10キロなんて、まだまだ。それ以上が普通でした。
足(車)があったらどかんと買って帰りたい気分です。

 

レトルト商品も充実している

インド系 スーパー

もちろん他のスーパー同様に、冷凍食品やレトルト食品が充実しています。
冷凍庫の中には見たこともない野菜や、あのうすーいナンもありました。
ここ1年ほど前から、息子がインド料理が食べられるようになったから、いろいろと試してみたいです。

 

普段は「添加物なし! なるべくオーガニックで!」と叫んでいるので、取りあえず原材料を見てからになりますが、ハードルはかなり低くなりそうです(苦笑)。

こんな野菜も売っている

インド系 スーパー

実はインド系スーパーでは「ゴーヤ」が売っているのです(英語で「ビターメロン」まさにそのまま。インド語? だと「Karela(カレラ、ですかね)」)。

ゴーヤって中華街のスーパーでは売っていないんですよね。ぼちぼちが緩い感じのなら売っているのですが、ゴーヤゴーヤしたゴーヤはインド系に行かないと売っていません。

息子には評判が悪いゴーヤですが、今年の夏はこまめに作りたいと思います。

りべるら (ライター)

この記事を書いた人:りべるら (ライター)

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166