THE YELLOW MONKEY SUPER JAPANTOUR 2016

皆様こんにちは。スタッフTでございます。

 

GW最終日の母の日、久しぶりに子供達を連れて実家を訪れ、間に合わせの様な母の日を過ごして参りました。

皆様は母の日何をされましたか?

 

わが娘(長女)は、

THE YELLOW MONKEY SUPER JAPANTOUR 2016 に連れて行ってくれました!!

03

吉井和哉のファンクラブにも所属している大ファンの娘とは、何度か吉井さんのソロのライブには行っていたのですが、お正月にイエモン再結成のニュースが飛び込んできた時は嬉し過ぎる喜びでございました。

 

何を隠そう娘のイエモン好きは私から始まっておりまして、10年ちょっと前に

「古いのでもいいから何かいいのない?」

って聞かれた時に

「じゃあイエモン聞きな」

の一言で、高額なDVDBOX等を買い揃えるほどのファンに成長したわけでございます。

 

私はと言うと、何も考えたくない時などにヘッドフォンをボリュームMAXにして音に埋もれると言う行動に出るわけですが、その時はイエモンなのでございます。

 

 

場所は代々木体育館。

若干の罪悪感を感じながらも、仕事を早退させていただきまして明治神宮前で待ち合わせ。

駅からゾロゾロと人の群れが移動をしておりました。

「年齢層が若過ぎない?」等と話をしながら会場へ・・・。

02-min

席はと言うとステージ向かって左のスタンド席。

なんとステージの真横でした。

01

スマホにはイエモンのアルバムがごっそり入っているのですが、最近聴く暇がなかったのと次女にイヤホンを横取りされてしまって復習をサボっておりました。

なので若干不安要素を残しながら開演です。

 

隣の席の女性(40過ぎぐらい)がかなりのファンらしく、独自な振りで(演劇部の過剰に身振り手振りをする人みたい)ずっとハイテンション。

こちらとしてはドン引き状態で、はしゃぎ損ねた感じでございました。

 

以前MIYAVIのライブに行った時も、もちろんハイヒールで出掛けて行って、新品のヒールを折って裸足で帰ってきましたが、今回はスタンド席で途中脱いだりしながら3時間弱乗り切って参りました。

 

途中MCを聴きながら、大きなスクリーンに写されたメンバーの顔を見て時間の流れを感じたりとちょっとセンチメンタルに浸りながらも、吉井さんの

「もう解散はしない」

の言葉に涙ぐんでしまったり・・・。自分の中でも時の流れを感じているこの頃です。

 

ちょっと遅い母の日を満喫してまいりました。

娘、どうもありがとう。。。

T

この記事を書いた人:T

インドネシア生活に飽きて帰ってきたエンジニア
3児の母、じゃがりこをこよなく愛す。お昼もじゃがりこ、夜もじゃがりこ。
必殺技:ハイヒール

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166