2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

Ansible2.7 Laravel開発環境の構築 CentOS7

下記のような構成でAnsibleを使ってLaravelの開発環境を作りたいと思います。

  • Ansibleサーバ1台
  • 開発用WEBサーバ2台
  • DBサーバサーバ1台

 

設定ファイルとか1,2箇所ぐらいなら置換処理で良いですが、設定ファイルまるっと渡してあげたほうが楽ちんなのですべてをコード化しない方が私は好みですね。

 

Ansibleサーバ側

 

ホスト名の設定

わかりやすく設定します。

 

SELinuxの無効化

 

再起動にて反映しましょう!

 

モジュールのインストール

 

ansibleはバージョンの違いが大きいので確認しましょうね。

 

外部のサーバを操作出来るようにしよう

 

秘密鍵の作成を行います。

 

下記の構成で作ります。

 

Ansibleで外部サーバを操作できるように鍵を渡します。

 

 

 

Ansibleのホスト設定です。

 

疎通確認しましょうね

 

ディレクトリ作成

 

 

 

Nginxバーチャルホストファイル作成

 
 

 

FTP設定

 

 

 

 

 

 

 

 

 

変数ファイルの作成

コンフィグとしてわけて置くと保守性があがります。

 

 

playbookの作成

 

サーバを構成するレシピのようなものです。

 

チェックコマンド

 

 

 

どっかーん!サーバを一気に作っちゃお~。

ぽちっと実行

 

もりもりサーバが作られていきますね~!

 

 

 

サーバにアクセスしてみちゃおう!

OK…!

 

ムムッ!

これは・・・OK!

 

お疲れ様です。

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG