今回は10GBのルートパーティションで生成したEC2インスタンスのサーバを、EBSを拡張することで40GBのルートパーティションのあるサーバに変更したいと思います!

 

 

以前はEBSのスナップショットを取って、そこからボリュームを拡張してえいやっとマウント!なんてことをしていましたが、それはもう昔の話!現在のAWSの科学力をもってすると、EBSをマウントしたまま拡張できるように進化しています。

 

 

まずは現状確認だ!

 

容量を確認しましょうね。

10GBですね。

 

DISKスライス(ブロックデバイス)を確認します。

パーティション情報が見れます。

 

現状はわかりました。

 

では、AWSコンソールで EBSの拡張変更をしよう(EBS Modify)

変更したいEBSで右クリックをして、【ボリュームの変更】をクリックします。

 

 

 

 

現在のボリュームサイズは10Gなので、10以上の値を入れなければなりません。今回は40GBに拡張するので【40】を入力して、【変更】をクリックします。

 

 

 

 

【はい】をクリックします。

 

 

リクエストが送信されました、【閉じる】をクリックしましょうね。

 

 

 

ブラウザで再読み込みをして下さい。私の今回の環境はChromeなので右クリックから、【再読み込み】を選択してリロードさせました。

 

 

 

 

EBSが40GiBと表示されていますね!

 

 

SSHでサーバを見てみましょうね

変わっていません、泣かないで!

 

 

DISKスライス(ブロックデバイス)を確認します。

こっちのxvdaが40Gに変わってますね!
パーティションを拡張してあげれば良いことがわかります。

 

 

 

まず、拡張するファイルシステムの種類を確認しましょう。

『/(ルートパーティション)』タイプはXFSであることがわかります。

 

 

 

growpartがインストールされていることを確認します。

 

 

growpartします。

 

 

 

 

xfs_growfs -d マウントポイントで指定して拡張しましょ~!

 

 

状態確認しましょうね。

やったね、/dev/xvda1デバイスが40Gに拡張されていることがわかります。

 

 

このようにEBSボリュームを拡張し、パーティションも拡張することが出来ました。

お疲れ様です。

 

 

金広 優 (エンジニア)
この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM Cloud、AWSなどを扱ったクラウド、オフィスや商業施設のネットワーク構築案件が多くなっています。