サイボウズ Office10 別環境でインストール・リストア

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > サイボウズ Office10 別環境でインストール・リストア

サイボウズの新規インストール、リストア方法です。有名なグループウェアということもあって、お客様のオフィスのIT保守サービスを行うにあたって、お客様オフィス内で既に稼働しているサイボウズサーバの運用保守を行うことって多いです。

 

基本的には、公式のマニュアルを参照して行うと良いかと存じます。
https://jp.cybozu.help/ja/of10/intro/install/lin.html

 

当記事は参考程度として見て下さいね!

 

御注意

リストアする場合は必ずデータを外部バックアップを行ってから作業するようにして下さい。Linuxになれていない管理者様であれば、別の新環境でバックアップデータからリストアを行うと安全かつ簡単なのでおすすめ致します。(是非、そうして下さい。)

 

環境

  • CentOS 6
    ※CentOS7は2018年05月14日時点では対応していない模様

 

新規インストール・リストア手順

SELinuxの無効確認

 

 

必要モジュールのインストール

Basic Serverインストールなら、追加でインストールするのはこれだけです。

 

 

WEBサーバの起動

自動起動設定にしておきましょうね。

 

Cybozuスクリプトのダウンロード実行

 

 

ウィザードをすすめていこう!

サイボウズOffice10は簡単ウィザードでインストールが出来ます、新環境へのインストールやリストアなら、Enterキーをばっしんばっしん叩くことで構築が簡単に可能です。同一環境の場合は、サイボウズのシステム管理から既存構成を確認の上、パスをあわせてインストールして下さいね!

 

新しい環境のサーバにリプレイスする場合

すべてy or 空エンターの入力で問題ありません。

 

 

同じサーバにリストアする場合

既存環境に合わせてパスを合わせる必要があります、注意。

 

 

 

yを入力してEnterを入力しましょうね。

 

 

yを入力してEnterを入力しましょうね。

 

 

 

空Enterを入力して下さい。

 

 

空Enterを入力して下さい。

 

 

空Enterを入力して下さい。

 

 

 

空Enterを入力して下さい。

 

 

 

空Enterを入力して下さい。

 

 

 

空Enterを入力して下さい。

 

 

これでインストールは完了です。

 

 

確認しよう

ファイルが構成されています。

 

初期インストールする場合はこれで完了です、お疲れ様。

 

 

リストアする場合

ここからは、バックアップデータからリストアする人向けです。

初期ファイルをdata_bak, file_bakにリネームします。

 

 

バックアップ用のダンプファイルを解凍し、インストール先データディレクトリにファイルを配置します。

 

 

アクセスして動作確認をしようね

 

http://サーバIPアドレス/cgi-bin/cbag/ag.cgi?

上記URLにアクセスして無事にCybozuが確認出来たら完了ですよ!

 

お疲れ様です。

 

 

うまくいかない!? そんな時

 

同一環境にリストアするかつ、デフォルトではない構成で組んでる場合は、パスを既存構成とうまく合わせないと動作しません。データを外部バックアップの上、アンインストール用のスクリプトを実行して、最初からウィザードで設定をやり直すと良いですよ。

サイボウズのデータをサーバとは別ストレージにバックアップする運用を行うと安全です。

 

お疲れ様です。

 

金広 優 (エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM Cloud、AWSなどを扱ったクラウド、オフィスや商業施設のネットワーク構築案件が多くなっています。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166