AWS EC2のメール送信制限解除申請と逆引きDNS設定申請 コピペ用

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > AWS EC2のメール送信制限解除申請と逆引きDNS設定申請 コピペ用

今回は自分用にAWSのメール送信制限解除申請の省力化をはかるべく、コピペで自分が楽をできるように記事を書きました。

 

AWS EC2は25番ポートのメール送信数制限がありまして、解除しておかないと後々問題になるので25番でメールを扱う場合は事前にしっかり対応しておきたいところです。また、587番で別の送信メールサーバを経由させる運用にするならば、個別のEC2に対して申請は必要ありません。

 

 

申請前準備

  • EIP, ドメインを正引きDNSレコードをEC2に設定しておきます。

 

 

対応フロー

 

1. ルートアカウントでログインした状態で下記にアクセスします

https://portal.aws.amazon.com/gp/aws/html-forms-controller/contactus/ec2-email-limit-rdns-request

 

2. フォームへ入力して制限解除申請を行います。

 

Use Case Description*

例)
メール送信制限解除及び、逆引きDNSの申請をお願いします。
Please removal of E-mail sending limit and create reverse DNS record.

 

 

Elastic IP Address 1

対象メールサーバのEIP
例)555.555.555.555

 

 

 

Reverse DNS Record for EIP 1

対象メールサーバのホストとなる DNS名
例)mail1.example.net

 

3. AWSからのメールを待ちましょう!

数時間~10時間程度でAWSから解除したよってメールが来たらOKです。

お疲れ様です。

 

 

 

金広 優 (エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM Cloud、AWSなどを扱ったクラウド、オフィスや商業施設のネットワーク構築案件が多くなっています。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166