AWS EFSでディレクトリ共有 Amazon Linux

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > AWS EFSでディレクトリ共有 Amazon Linux

AWS EFS

今回はAWS EFSのご紹介です。

EC2用のNFS共有ストレージとして利用できます。通常のNFSと何が違うのでしょうか?

 

 

Amazon Elastic File System

わかりやすいですね~!

 

 

何が凄いの?AWS EFSの凄いところ

  • 1,000台以上のクライアントからマウントして良し
  • 冗長化されている。
    クラスタを組む必要がない。楽ちん。NFSは冗長化しないと単一障害点になります。ここを考えなくて良いのでお気楽気ままでいられます。
  • アベイラビリティゾーンに関係なく利用できる
  • 使った容量分だけ課金
    シドニーリージョンなら0.36 USD/GB-月

 

 

AWS EFSのイケてないところ

  • 東京リージョンがない(2017年11月01日執筆時)
  • スピードがやや遅い。EC2にNFSを作った方が速い。

 

私が気になる死角はこれだけです。東京リージョンでのリリースが待たれます・・・!!今回はシドニーリージョンを利用します。

 

 

 

こんな感じで作っていきますよ!

EFS

こういう風になるといいですね。

 

 

AWS EFSを調達しよう

AWS EFS

【サービス】>> 【EFS】を選択します。

 

 

 

AWS EFS

【Create file system】をクリックします。

 

 

【Next Step】をクリックします。

 

 

EFS

Nameに任意の名前を設定して、【Next Step】をクリックします。

 

 

EFS

【Create File System】をクリックします。

 

EFS

EFSが作成されました。

DNS nameをメモしておきましょう。

 

EC2の設定

 

rootパスワードの設定

[ec2-user@ip-172-31-19-161 ~]$ sudo passwd

 

nsf-utilsのインストール

# yum install nfs-utils

Loaded plugins: priorities, update-motd, upgrade-helper
amzn-main                                                                                                         | 2.1 kB  00:00:00
amzn-updates                                                                                                      | 2.5 kB  00:00:00
Package 1:nfs-utils-1.3.0-0.21.amzn1.x86_64 already installed and latest version
Nothing to do

既にインストールされていました。

 

マウントポイントを作成してマウントします。

# mkdir -p /mnt/EFS

# mount -t nfs -o hard,intr,bg,nofail,noatime fs-(*ノдノ).efs.ap-southeast-2.amazonaws.com:/ /mnt/EFS

 

 

 

マウントされているか確認します

8エクサバイトと見えます…!

 

でも料金は使った容量だけなので安心です。

 

ファイルを作ってみる

大丈夫ですね。

 

起動時のマウント設定

# vi /etc/fstab


#
LABEL=/     /           ext4    defaults,noatime  1   1
tmpfs       /dev/shm    tmpfs   defaults        0   0
devpts      /dev/pts    devpts  gid=5,mode=620  0   0
sysfs       /sys        sysfs   defaults        0   0
proc        /proc       proc    defaults        0   0

fs-(*ノдノ).efs.ap-southeast-2.amazonaws.com:/    /mnt/EFS    nfs hard,intr,bg,nofail,noatime  0 0

再起動してマウントできてればおーけー!

 

お疲れ様です。

 

 

金広 優(エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM BlueMix InfrastructureやAWSなどクラウド案件が多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166