Laravel5.5 CentOS7インストールから妖怪発見まで

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > Laravel5.5 CentOS7インストールから妖怪発見まで

Laravel5

世界的に人気になっているPHPフレームワーク【Laravel5】をCentOS7にインストールしてみましょ~!

今回はLaravelで簡単なアプリを作ろうと、社内の開発環境に設置したので、ついでに記事にしました。

 

破竹の勢いのLaravel

@see https://www.webprofessional.jp/the-state-of-php-mvc-frameworks-in-2017/

 

Laravelがぐんぐん伸びて、Synfonyが上昇傾向にあります。人気があるフレームワークは、多くの人が使うのでより保守され、より安心して利用出来るようになっていきます。

また、フレームワーク選びに迷っているならば、“とにかく人気がある”という観点から、Laravelを検討されるのも良いかもしれません。

 

CentOS7にインストールします。

CentOS

https://www.centos.org/download/

 

環境

 

基本設定

 

SELinuxの無効化

 

基本インストール

 

PHPのインストール

Remiリポジトリのインストール

 

PHP7.1のインストール

 

 

 

 

Composerのインストール

 

Composerセットアップ

 

Composerのコマンド登録

 

Composer composer-setup.php削除

 

Composerインストール完了の確認

 

 

管理ユーザの作成

 

sudo設定

 

Laravelのインストール

 

 

 

Laravelプロジェクト用ディレクトリの権限設定

 

Laravelプロジェクト作成

 

権限の設定

 

 

Laravelバージョンの確認

 

 

Apacheのインストール

 

Apacheメインコンフィグ設定

 

hostsの設定

 

バーチャルホストの設定

 

Apacheの起動

 

Firewallの設定

80番ポートを開放します。

 

 

 

MariaDBのインストール

 

DBの作成

 

接続設定

 

 

phpMyAdmin

phpMyAdminのインストール

 

Apache phpMyAdmin用ホストファイル編集

 

Apache再起動

 

http://myapp.local/phpMyAdmin/

 

 

Laravelにアクセスして確認

Laravel

http://myapp.local/

 

見えました。

 

Hello Youkai!

MVC

今回は動作確認としてControllerとViewだけで、簡単に行います。YoukaiControllerを設定して、参照させることで動作確認したいと思います。

 

 

Routes

Routesを設定します。

 

色々なコントローラの書き方がありますが、参照させるだけなのでRoute::getで大丈夫。

 

Controller

コントローラを設定します。

 

 

Views

Viewsにディレクトリを作成します。

 

ファイル名の間にbladeが入るので注意しつつ、ビューを作成します。

 

こっちも作成します。

 

 

 

 

アクセスしてみましょう

http://myapp.local/youkais/

 

 

 

http://myapp.local/youkais/watch/komasan/

 

上手く表示されていますね!

 

お疲れ様です。

 

 

金広 優(エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM BlueMix InfrastructureやAWSなどクラウド案件が多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166