Windows Azure .Net Core導入 CentOS7 SQLデータベース

 

Windows Azure .Net Core

マルチプラットフォームでの汎用アプリをC#で開発していこうと思います。

せっかくなので、Windows Azureで、Linuxサーバ、SQLデータベースを調達し、.Net Coreを導入していきます。

クラウドなのでサクサクいきますよ~!

 

リソースグループの作成

Windows Azure .Net Core

【リソースグループ】をクリックします。

 

Windows Azure .Net Core

【リソースグループの作成】をクリックします。

 

 

Windows Azure .Net Core

リソースグループ名を任意の名前にします。

 

ネットワーク作成

 

Windows Azure .Net Core

【新規】をクリックします。

 

Windows Azure .Net Core

【ネットワーキング】をクリックします。

 

 

【仮想ネットワーク】をクリックします。

 

 

 

Windows Azure .Net Core

デプロイモデルを選んで、【作成】をクリックします。

 

 

Windows Azure .Net Core

任意で設定しましょう。

 

SQLデータベースの作成

 

【SQLデータベース】をクリックします。

 

 

【追加】をクリックします。

 

 

任意で設定して下さい。

 

任意で設定して下さい。

 

 

出来ましたね~。

 

 

Linux CentOS7 サーバインスタンスの作成

 

Windows Azure .Net Core

【新規】をクリックします。

 

 

Windows Azure .Net Core

【Compute】を選択します。

 

Windows Azure .Net Core

【すべて表示】をクリックします。

 

Windows Azure .Net Core

“CentOS-based”で検索をかけて、【CentOS-based7.3】を選択します。

 

Windows Azure .Net Core

【作成】をクリックしましょう。

 

 

Windows Azure .Net Core

【OK】をクリックします。

 

 

任意のインスタンスを選択しましょう。

 

Windows Azure .Net Core

【OK】をクリックします。

 

 

【OK】をクリックしましょう。

 

 

Windows Azure .Net Core

数分待つと仮想サーバが作成(デプロイ)されます。

 

サーバに.Net Coreを導入しよう

はい!

では作成したサーバにTeraterm等のSSHクライアントでログインします。

rootになりましょう。

 

.Net Coreのインストールを行います。

 

 

 

さてさて、環境が出来たところでC#でわくわく開発していきましょ~!

お疲れ様です。

優 (エンジニア)

この記事を書いた人:優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166