ウィメンズマーチに参加して

womens march 2017

トランプが大統領になってから、毎日毎日何かと物議を醸し出しています。いえ、候補の時からだったんですが……。

 

とは言え、彼が大統領になってから、アメリカは全く違う国になったように思います。それを懸念した人達が集まった、就任式翌日のウィメンズマーチ、残念ながらワシントンDCのには参加できませんでしたが、NYのに参加してきたので、その時のことなど書かせていただきます。

 

ウィメンズマーチの意味は?

womens march 2017

「ウィメンズ」と言われているように、トランプ新大統領の、女性に対する差別に対して抗議する、というのが大きなテーマだったのですが、蓋を開けてみれば、女性のみならず子供に男性の集まりでした。

 

 

私の周りでも「女性のことを差別なんかしない」「母や妻の事を大切にしているから」という事で参加した男性陣がいます。つまり大きな意味で「人を人として尊重している」という、大きなテーマの元での行進となりました。

5番街だけでなく、周囲の通りも閉鎖され

womens march 2017

(ちょっとわかりにくいかもしれませんが、ビルとビルの間の谷間が5番街。トランプタワーまで本当にぎっしりと人がいました)。

当日、お昼過ぎから行進が始まると聞いていたのですが、早朝から予定があり、1時過ぎにスタート地点の47丁目ではなくルートである42丁目の駅で降りて、そのまま5番街に入って最終目的地であるトランプタワーに行こう!(トランプタワーは5番街の56丁目に建っています)と考えたのですが……考えが本当に甘かったです。

 

 

地下鉄を降りて改札口に向かったのですが……今まで見たこともないようなほどの人で溢れかえっています! そしてどうにか抜け出してストリートに出ても……人、人、人!

 

 

5番街と言えば、気候の良い季節は月に1度はパレードが行われてよく閉鎖され人であふれるのですが、この日は見たこともないほどの人であふれていました。42丁目からトランプタワーのある56丁目までぎっしりと人、人、人の波!こんなこと、初めてです。

周囲のお店は営業ができず

womens march 2017

知り合いの旦那さんが5番街にある某フランス高級ブティックで働いているのですが、マーチが始まって数時間、土曜日の稼ぎ時だというのに午後3時には閉店となったそうです。

 

 

というのもセキュリティーの人に「暴動を起こすような人はいないだろうけれど、紛れて悪さをする人もいるだろう。そうなるとこの人数だから警備が出来ないから閉めて欲しい」と言われたと。彼も20年以上、そのお店で働いていますが「こんなことは初めてだ」と言っていました。

今後はどうなるのだろう?

womens march 2017

日帰りでワシントンDCのマーチに参加してきた友達とも話しをしましたが「これが始まり」であって、今後もこういったことが、アメリカだけでなく全世界で起きるのではないでしょうか。
別にわたしはアクティビスト(活動家)ではないけれど、ここ数日のあまりにも常識外れのような大統領令を見ていると、未来が不安になります。そしてこの短い期間にいろいろなところでマーチが計画されているようで、できる限り、賛同できるものには参加しようと考えている次第です。

 

りべるら ライターりべるら ( ライター )

 

NYのハーレムに20年近く生息。1児の母。親子そろって丸坊主。旅をこよなく愛し、今でも時間あればリュックを背負って飛び立ちたいと日々思っています。

 

 

この記事を書いた人:


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166