ECCUBE3が重い問題 PHP7+Nginx+PHP-FPMで解決

ECCUBE3でのPHP7効果

ショッピングカートのオープンソースCMSであるECCUBE3では、商品や機能となるプラグインが多くなると、PHP5系のApacheで構成するとPHPの処理が重くなり運用が困難になる模様です。

 

最初は気にならないのに、要望に応えて機能や扱う商品が増えていくと徐々に速度問題が顔を出してくるのはよくあること。

 

環境

  • ECCUBE 3.0.9
  • プラグイン数:17
  • 商品数:97

PHP5.4 Apache レンタルサーバによくある構成の場合

ECCUBE3 PHP5.4

43秒かかっています。重い・・・。

 

PHP7 Nginx+PHP-FPM+SSD構成の場合

ECCUBE3 PHP7

2~5秒程で表示されるようになりました。

 

商品ページ等は表示量が少ないので1秒以下で閲覧が可能です。

これぐらいの速度なら買い物も問題ありませんね。管理画面も速くなるので日々の更新作業も捗ります。更に3.0.12以降ではdoctrine_cache, HTTPキャッシュなどコンフィグを設定することによりキャッシュが使えるようになります。

参考:EC-CUBE開発ドキュメント

 

システム仕様を運用でカバー

また、ECCUBE3の仕様として機能を増やすにはプラグインを製作する等して追加しなければいけません。プラグインを増やせば増やすほど読み込みが遅くなります。

だから、必須でない機能を増やさない。あれもこれもと1ページで欲張って表示させない等、ECCUBE3のパッケージを生かしながらシステムを最適化するといいかもしれません。

 

なんだか大変だなあと感じたら是非ご相談下さい。

WordPress アダルト 高速化 大量アクセス キャッシュ 負荷分散 万PV

WordPress以外のWEBサービスにも対応しております。

お気軽にご相談下さい。

 

関連

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166