Windows8 VPN IPsec/L2TP接続設定

Windows8でのVPNの設定

PPTPでの接続の場合は詰まることなくすっとできてしまうのですが、L2TP/IPsecの場合はちょっとした手順が必要です。お客様にVPNを設定したルータを納品する場合はVPNへの接続手順書が必要になります。

VPNとは

本社から隣町の支店に機密文書を持っていくとしよう。電車やバスといった公共交通機関を利用する場合、見知らぬ他人と接触することは避けられない。機密文書が盗まれる可能性もあり、非常に危険である。

では、安全に届けるためにはどうすればよいのだろう?

あまり現実的ではないが、専用の地下通路を設け、そこを移動するという方法が最も安全だ。公共交通機関を使って機密文書を運ぶことは、インターネットでデータをやりとりすること、専用の地下通路がすなわち専用線である。

@see 5分で絶対に分かるVPN

今回の記事はL2TP/IPsec VPNの設定に行き詰まってる人向けなので、アダプタは設定してあるものとします。

アダプター設定

Windows8 L2TP IPsec VPN接続 設定

 

【ネットワークと共有センター】から【アダプターの設定の変更】を選択します。

 

 

Win8 VPN L2TP IPsec 接続設定 方法

設定したアダプタのところで右クリックを行い、【プロパティ】を選択します。

 

Windows8 VPN L2TP IPsec 設定 アダプタ設定

【VPNの種類】を【IPsecを利用したレイヤー2遁年リングプロトコル(L2TP/IPsec)】を選択。

【次のプロトコルを許可する】のラジオボタンを有効化し、【チャレンジハンドシェイク認証プロトコル(CHAP)】、【Microsoft CHAP Version2(MS-CHAP v2)】のチェックボックスを有効化します。

その後に【詳細設定】をクリックします。

 

Windows8 L2TP VPN 設定

【認証に事前共有キーを使う】の【キー】に通知されている文字列を入力して【OK】をクリックします。

 

 

Windows8 L2TP IPsec VPN 接続 設定

 

デスクトップ画面で右上端にマウスポインタを移動させて停止を行い、接続したいアダプタを選択し【接続】をクリックし、通知されている【ユーザ名】と【パスワード】を入力すると接続されます。

 

それでも繋がらない

他のサービスが干渉している可能性があります。サービスとスタートアッププログラムを最小限にして接続を行ってください。

 

クライアントITサポートサービスの詳細はこちら

 

優 ( エンジニア )
システムガーディアン爆弾処理班

アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。

AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

 

この記事を書いた人:


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166