送信が集中しやすいキャリア宛の流量を制限する記事です、一気に1コネクションで送信すると嫌がられてしまいます。

 

Docomoの例

>3.1通のメールで可能な同報数の上限にご注意ください

同時送信が可能な宛先数は1SMTPセッションあたり100宛先までとなります。101以上の宛先数で送信した場合はそのセッションのメールに関しては受信せずにエラーコード554:Transaction failedを応答し、そのセッションを切断させていただいております。エラーになる前の宛先に関しても送信されませんので、ご注意ください。

対処策

メールの同報送信をご利用の際には、同報可能数の上限(100宛先/1メール)を超えないようにお願いいたします。

>4.局所的に大量のメールを送信される際のお願い

携帯電話のメールサービスは、モビリティ性とリアルタイム性を実現するため、PCでのメールサービスとは異なり、メールを受信後すぐに、お客様の携帯電話に配送(Push)する仕組みを取入れています。また、お客様がどこにいてもメール配信ができるよう、無線を用いて送信しております。しかしながら、無線リソースは有限であることから、局所的に大量のメールが集中したり、そのエリアでの通信量が急激に増加した場合には、無線リソースを超過し、携帯電話へのメール配送が失敗する場合があります。

対処策

同報メールを大量に送信する際は、少ない通数ずつ、回数や配送先地域を分けて送信するなど、輻輳を避ける送信方法による送信をお願いいたします。

 

このようにキャリアにはポリシーがあるのですね!

 

 

そんなわけで設定します。

 

 

master.cf

 

 

他のメールアドレスやキャリアも設定可能です。

 

ハッシュ化を行います

 

反映を行います

 

Gmailなど設定したキャリアに500通同時に送信するなどすると、少しずつ送信が行われることがわかります。

お疲れ様です。

 

金広優
この記事を書いた人:金広優

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM Cloud、AWSなどを扱ったクラウド、オフィスや商業施設のネットワーク構築案件が多くなっています。