2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

ThunderbirdとGoogleカレンダーの同期

Becky!からメールクライアントを移して早2ヶ月。凄く快適です。
もっと早く乗り換えればよかったと後悔と、更新されないBecky!にモヤモヤした気持ちがありますが、まぁ…仕事道具ですので、日々見直しですね。

 

で、いくつかアドオンを入れているのですが、現在の標準のアドオンにLightningというカレンダー機能があるのです。会社ではグループウェアをDesknet’sを使い、Googleカレンダ-とも同期取っているので複数更新は難しいので、使わない事にしていたのですが、やはりメールを見ながらカレンダーに入れたいという気持ちがあり、さっそく同期してみましたよ。

 

 

 

 

Provider for Google Calendar をインストール


ツール>アドオンから開き、右上の検索フォームに”Provider for Google Calendar”を入力

見つかったらインストールです。ダウンロード後、右上の「今すぐ再起動」をクリック

 

 

連携先にGoogleカレンダーを指定

 

ファイル>新規作成>カレンダー  or アカウントトップの新しいカレンダーを作成するクリック

 

 

 

 

「カレンダーの保存先」で「ネットワークのサーバーに保存する」を選択

 

 

 

 

 


カレンダーの保存先は”Google カレンダー”を選択

 

 

 

 

 

連携したいアカウントのgmailのアドレスを入力するフォームがでますので、情報を入れて許可。

 

 

連携したいカレンダーやタスクリストを選択し、「カレンダーが作成されました」が表示されれば完了です。

 

使ってみた結果

すごく便利……なんのですが、どうもdesknetsNEOのオプション「Sync for smartphones 」は即反映されません。

まぁ何分かに1回というのは分かりますので、分刻みでハードに動く場合は怖いかもです。ちなみに私は1つのタスクが10~30分以上は掛かるので、問題ないですけどね。

あとそもそも論ですが、GoogleカレンダーとThunderbirdを連携してさらにdesknetsNEOグループウェアにも使うっていうのは稀でしょうし。普通はG Suiteから連動したグループウェア使いますしね。

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG