YAMAHA ネットボランチ DDNSサービスに登録するコマンド

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > YAMAHA ネットボランチ DDNSサービスに登録するコマンド

固定IPでない回線でも、PPPoE+ネットボランチを使うことでIPsecによる拠点間接続を行うことが出来ます。ネットボランチはダイナミックDNSサービス(DDNS)で、IPが変わるとYAMAHAのDDNSサーバに通知を行いレコードを更新してくれるといった仕組みです。

 

導入するデメリット

DDNSがクラックされた場合の拠点間接続などはまずかったり、DDNSがダウンすることによるネットワーク接続断のリスクも障害点を増やすことにより高まります。

 

結論として

DDNSを使わずに固定IP契約による設定が一番良いのは本当ですが、メリットがデメリットを上回ると判断した場合は導入するのもありです。

 

sg-examplehostとしてDDNSに登録してみる

エラーが返ってこなければ登録出来たはずだよ!

 

 

確認してみようね

sg-examplehost.aa0.netvolante.jpとして登録されていることがわかるね。

 

このようにネットボランチのDDNSに登録されたホストを信頼することで、固定IP契約でなくても拠点間接続やL2TPによるVPN接続用のホスト名としての利用が出来るのです。

 

お疲れ様です。

金広 優 (エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。AWS, IBM BlueMix Infrastructureなどクラウド案件が多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166