前回FuelPHPのインストールを行ったので、実際にFuelPHPを利用してMVCを実現してみましょ~!

 

残念ながら私は毎日業務でプログラムを書いているわけではないので、色々やっているうちに忘れてしまう危険があります・・・!!そんなわけで、プログラム系もぼちぼち記事にしていこうと思います。

 

FuelPHP関連記事

  1. FuelPHP のインストール
  2. FuelPHPでMVC
  3. FuelPHPでScaffolding MySQLの利用
  4. FuelPHP Twig テンプレートエンジン導入

 

MVCって何もの?

MVCの役割

MVC

 

  • Controller データの振り分け制御(action)
  • Model データ,DBを操作。データの参照、登録
  • View 表示を行います

アクセス >> Controller >> Model >> Controller >> View

  1. ブラウザからURLにアクセス
  2. コントローラがURLに応じてActionを実行
  3. Model がデータを操作して返り値を取得
  4. Modelがコントローラにデータを渡す
  5. ControllerがViewにデータを渡す
  6. Viewがユーザにデータを表示

大まかな流れはこんな感じ。

URLが実行するコントローラとアクションを実行します。

 

例:http://IPアドレス/app/public/youkai/watch_chi

上記にアクセスするとyoukaiコントローラのwatch_chiアクションを実行することになります。

 

 

MVCで重要な目的

プログラムのロジックからViewを分離させることです。

これは4回目のFuelPHPのテンプレートエンジンを対応させるTipsでご紹介します。

 

 

コントローラをつくるよ!

 

 

 

 

http://IPアドレス/app/public/komasan

 

publicの後の/komasanを入力することでkomasanコントローラにアクセスし、action_index()発動します。

 

Modelの作成

Modelを作るよ。

Modelはデータを扱い、コントローラに渡し、コントローラはビューに渡して表示させます。

 

 

Modelからデータを取得するコントローラのアクションを追加するよ!

 

 

 

ビューを作るよ

 

 

 

 

FuelPHP

http://IPアドレス/app/public/youkai/

 

 

FuelPHP

 

http://IPアドレス/app/public/youkai/watch_chi

 

 

次はScaffoldingでデータの表示、入力、更新、削除機能をちゃちゃっと作成して、入力したデータをModelから利用してみましょう。

お疲れ様です。

 

PHP, タグ: ,
金広 優(エンジニア)
この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。