Windows Server Zabbix Agent 導入

今回はWindows ServerにZabbix Agentをインストール手順のご紹介。

エンタープライズの用途では監視は必要です。監視によって、大きな障害になる前に未然に防いだり、それまでのサービスリソースのグラフや軽度のアラートから障害原因の糸口をつかみ早期復旧に役立てます。

 

Zabbix Agentのインストール

Zabbix Agent Windows

http://www.zabbix.com/downloadからWindowsのAgentをダウンロードしましょう。

 

Zabbix Agent Windows

Server=ディレクティブにZabbixサーバのIPアドレスを指定します。

 

Zabbix Agent Windows

ServerActive=ディレクティブも同じように設定しましょう。

Zabbix Agent Windows

Hostname=ディレクティブにホスト名を指定しましょう。

 

Zabbix Agent Windows

zabbix_agentd.win.confをzabbix_agentd.confに設定ファイル名をリネームして、Zabbixのファイルを上記のようにCドライブ直下に設置して下さい。

zabbix_agentdd.exeで右クリックして【管理者として実行】をクリックしましょう。

 

Zabbix Agent Windows

次はコマンドプロンプトを起動させて、コマンドからインストールを行います。

successfullyが出たら成功です。

 

Zabbix Agent ポートの解放

Windows ファイアウォールを開いて、【詳細設定】をクリックします。

 

 

【新しい規則】をクリックします。

 

【ポート】>> 【次へ】をクリックします。

 

Zabbix Agent Windows

  • TCP
  • 特定のローカルポート:10050

【次へ】をクリックしましょう。

【次へ】をクリックしましょう。

 

任意の名前を入力して、【完了】をクリックします。

 

サービスの起動

【サーバマネージャ】>> 【ツール】 >> 【サービス】をクリックします。

 

Zabbix Agent Windows

【Zabbix Agent】にて右クリックを行い【開始】を選択します。

これでAgentが動作します。

 

Zabbixの登録に関して

【設定】>> 【ホスト】>> 【ホストの作成】を選択して、テンプレートを【Template OS Windows】を選択するのがおすすめです。

しばらくたつとグラフが取れます。テンプレートそのままでも良いですが、環境にあわせて監視項目を微調整して運用すると良いですね!

 

お疲れ様です。

優 (エンジニア)

この記事を書いた人:優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166