Mantis バグトラッキングシステム インストール

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > Mantis バグトラッキングシステム インストール

Mantis インストール バグトラッキング

今回はオープンソースのバグ管理システムMantisをインストールする手順のご紹介です。

 

PHP,Apacheのインストール

 

タイムゾーンの設定をしましょう。

起動設定を行います。

 

MySQLインストール

 

MySQLの起動設定を行います。

 

DBを作成します。

DBの作成

DBユーザの作成、パスワード設定

権限を割りあてます。

 

Mantisのダウンロード

ダウンロードディレクトリに移動しましょう。

 

最新版のダウンロード
https://sourceforge.net/projects/mantisbt/postdownload?source=dlp

SCPで転送します。
/usr/local/src/

 

 

 

 

公開ディレクトリに設置します。

 

所有権の設定

 

ブラウザからインストールを行います。
http://IPアドレス/mantisbt/admin/install.php

Mantis インストール バグトラッキング

DBの設定情報を入力しましょう。

 

Mantis インストール バグトラッキング

全て”GOOD”であれば、『MantisBT was installed successfully. Continue to log in』と表示されます。Continueをクリックして下さい。Mantis インストール バグトラッキング

ログインしましょう。

  • ユーザ:administrator
  • パスワード:root

初期設定は上記で入れます。
ログイン後は忘れずに変更しましょう!

 

Mantis インストール バグトラッキング
その後は日本語化とメール通知設定をします。
Gmailとか使用してMantis用に設定すると良いです。

 

 

 

金広 優 (エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166