Nginxのキャッシュ管理 cache purgeモジュール WordPress

 

Nginxのキャッシュをブラウザから管理できるcache purgeモジュールの導入方法です。

 

ダウンロードディレクトリの作成

 

 

今回はNginx1.6.0版を選択。

モジュールをダウンロード
ついでにopensslも。

展開します。

 

 

Nginxのcache purge付きインストール

 

Nginxのディレクトリに移動します。

コンフィギュア。環境に合わせて下さい。

インストール

シンボリックリンクを張ります。

構文チェック

なにやらエラーが出てますね。

ディレクトリを作ってあげます。

 

nginxユーザ作成

改めて構文チェックを行います。

Nginx起動スクリプト作成

実行権限付与して起動させます。

 

http://サーバーIPアドレス/
動いていることを確認。ひと段落ですね。

Nginx自動起動設定

 

 

一応バックアップ

バーチャルホストのserverディレクティブに以下を挿入して下さい。

 

設定を反映させます。

 

 キャッシュの消し方

 

消したいURLにアクセスする。

http://サーバIP/purge/削除したいURI

 

 

WordPressの管理画面から制御したい Nginx Cache Controllerプラグイン

Nginx Cache Controller

WordPressのプラグインの新規追加から【Nginx Cache Controller】でインストールが出来ます。

 

nginx cache controllerこのように管理画面からクリアすることが出来ます。

もう少し詳細に設定出来るものに【Nginx Helper】等あります。自分にとって使いやすいプラグインを探してみるのもいいですね。

 

なんだか大変そうだなぁと思ったらお問い合わせ下さい。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。
AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166