2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。
Redis

Redisの冗長化

Redis
Redis インストール
Redis https://redis.io/

前回(Redisのインストール CentOS6.8)の続き。Redisを複数起動してマスターと参照用スレーブで冗長化するチップスです。

バックナンバー

  1. Redisのインストール CentOS6.8
  2. Redisの冗長化
  3. Redisクラスタ フェイルオーバ Redis Sentinel

 構成概要

役割 Redisスクリプト ポート
マスター redis_6379 6379
スレーブ redis_6381 6381
スレーブ redis_6382 6382
スレーブ redis_6383 6383

上記構成で作ります。

設定ファイルを編集します。

テンプレートとして複製して、ポート部分を変更します。

Redisディレクトリの作成します。

起動スクリプト複製しましょう!

起動スクリプトの編集を行います。

好みでrestartをつけてます。

複製しましょう。

ポート部分を編集します。

自動起動設定を行います。

起動させましょう。

こんな風に

役割 Redisスクリプト ポート
マスター redis_6379 6379
スレーブ redis_6381 6381
スレーブ redis_6382 6382
スレーブ redis_6383 6383

redis_6379をマスターに、redis_6381, redis_6382, redis_6383をスレーブにします。

役割が確認できましたね。

値を追加する

レプリケート確認

値を削除する

レプリケーション情報確認

お手軽にマスターとスレーブ構成が出来ました。

お疲れ様です。

Redis
最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG