Kali Linux起動用 USB作成

Kali Linux USB boot

今回はKali LinuxをUSBで起動させるチップスです。『仕事で使いたい』という知人の為に贈答用でしこしこと作りました。

最初はラズパイにKali Linux入れたら洒落て可愛いかなと思ったのですが、ラズパイ用ミニモニターを用意したり、キーボードをがちゃがちゃ繋げたりと不恰好です。やはり素直にUSB+ノートPC。こっちの方がスマートでイケてます!

カンファレンスではVirtualBox勢が多いけれど、USBかKali Linux専用機を作ると楽ですよ~。

環境

  • SONY VAIO Pro
  • Windows 8.1
  • Kali Linux 64bit ISO
  • Rufus
  • メタル製のUSB 16GB
Kali Linux USB boot

https://www.kali.org/downloads/

公式からISOをダウンロードしましょう。

Rufus

http://forest.watch.impress.co.jp/library/software/rufus/

ISOファイルをUSBに移動させるソフトもダウンロードします。

この時にもうUSBをパソコンに入れてスタンバイさせておきます。

Rufus USB ISO

プログラムを実行しましょう。

Rufus USB ISO

ISOイメージを選択します。

Rufus USB ISO KaliLinux

ディスクマークをクリックします。

Rufus USB ISO KaliLinux

Kali LinuxのISOを選択して【開く】をクリックします。

【はい】をクリックします。

【OK】をクリックします。

【OK】をクリックします。

【閉じる】をクリックします。

VAIOでの起動方法

ここからはVAIOユーザ向けです。

【ASSIST】ボタンを押して起動させます。

【BIOS設定を起動】をクリックします。

起動モード設定

Boot Mode

->Legacy

に変更します。

起動優先度設定

Select 1st Boot Priority

->【External Device】

になっていればOKです。

External Deviceが1stで起動するように設定されていれば大丈夫です。設定をセーブして、シャットダウンさせて下さい。

USBからKali Linuxを起動させよう!

メタル製でそれっぽいUSBを差し込んで、電源ボタンを押して起動させましょう。

Kali Linuxが立ち上がりました。

じゃじゃーん!

KaliLinux USB

・・・かっこいい。

KaliLinux USB Boot

書き込みも出来ることを確認しておしまいです。

お疲れ様です。

※Kali Linuxから元のOSに戻したい場合

Boot Mode

->UEFI

BIOSの画面で設定したBoot ModeをUEFIに戻して、USBを引っこ抜いて起動させて下さい。

バックナンバー

  1. 攻撃者の心理 1 Kali Linux紹介
  2. 攻撃者の心理 2 Nmapによる下見

関連

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166