2020年5月14日 現在リニューアル中です 各ページを修正しております。細かい部分レイアウト崩れ等ございますがご了承くださいませ。
この接続ではプライバシーが保護されません

Google検索 HTTPSでインデックスされてしまった時の対処

この接続ではプライバシーが保護されません

この接続ではプライバシーが保護されません

自分のサイトがHTTPSでインデックスされてしまった時の対処方法のご紹介。特に最近GoogleではHTTPSを優先してインデックスすると発表がありますので、今更ですが書いておきます。

 

原因

Pleskや共用サーバではサーバ自体にSSLが導入されているので、GoogleはHTTPSがHTTPより優先してインデックスするので、意図しないでインデックスされてしまう場合があります。

 

そのままにしておくとどうなるの?

サーバ証明書がない状態では、アクセスしたユーザに警告文が表示されてしまい、既存のユーザが離れる信用問題になってしまいます。また、新規ユーザへ与える影響も深刻なので素早く対処することが求められます。

 

各ブラウザでの警告画面の表示

Chrome この接続ではプライバシーが反故されません

この接続ではプライバシーが保護されません

 

 Firefox 安全な接続ではありません

安全な接続ではありません

 

 

IE このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。

この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。

ブラウザによって警告文が違うことがわかりますが、アクセスするのが不安になりますね。

 

解決方法

下記の手順になります。

  1. 格安のサーバ証明書を購入します。
  2. サーバ証明書をサーバに適用します。
  3. .htaccess等でhttpsからのアクセスをhttpに振り分けます。
    この時点でサイトにアクセスすると警告は表示されなくなる。
  4. robots.txtを設置してhttpsでインデックスされないようにします。
  5. HTTPのURLのインデックスになるまでしばらく待つ。

1つ1つの手順をきちんと行えば問題は解決できるので安心して下さい。

 

 .htaccess

 

robots.txt

robots_ssl.txt

 

これで警告画面はなくなり、そのうちにGoogleからのインデックスもhttpのものに変更されるはずです。お疲れ様です。

 

この接続ではプライバシーが保護されません
最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG