Google検索 HTTPSでインデックスされてしまった時の対処

この接続ではプライバシーが保護されません

自分のサイトがHTTPSでインデックスされてしまった時の対処方法のご紹介。特に最近GoogleではHTTPSを優先してインデックスすると発表がありますので、今更ですが書いておきます。

 

原因

Pleskや共用サーバではサーバ自体にSSLが導入されているので、GoogleはHTTPSがHTTPより優先してインデックスするので、意図しないでインデックスされてしまう場合があります。

 

そのままにしておくとどうなるの?

サーバ証明書がない状態では、アクセスしたユーザに警告文が表示されてしまい、既存のユーザが離れる信用問題になってしまいます。また、新規ユーザへ与える影響も深刻なので素早く対処することが求められます。

 

各ブラウザでの警告画面の表示

Chrome この接続ではプライバシーが反故されません

この接続ではプライバシーが保護されません

 

 Firefox 安全な接続ではありません

安全な接続ではありません

 

 

IE このWebサイトのセキュリティ証明書には問題があります。

この Web サイトのセキュリティ証明書には問題があります。

ブラウザによって警告文が違うことがわかりますが、アクセスするのが不安になりますね。

 

解決方法

下記の手順になります。

  1. 格安のサーバ証明書を購入します。
  2. サーバ証明書をサーバに適用します。
  3. .htaccess等でhttpsからのアクセスをhttpに振り分けます。
    この時点でサイトにアクセスすると警告は表示されなくなる。
  4. robots.txtを設置してhttpsでインデックスされないようにします。
  5. HTTPのURLのインデックスになるまでしばらく待つ。

1つ1つの手順をきちんと行えば問題は解決できるので安心して下さい。

 

 .htaccess

 

robots.txt

robots_ssl.txt

 

これで警告画面はなくなり、そのうちにGoogleからのインデックスもhttpのものに変更されるはずです。お疲れ様です。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166