Maximus IX Apex

明けましておめでとうございます。

今年2017年はKaby Lakeの発売もあり、慌しさの中で幕が開けました。

 

実は去年のかなり早い段階でASUS Maximus IX Apexi7 7700kが年明けに猛威をふるう事は分かっていましたので、逆にゆっくり焦らずにまったりしてました。

 

そういう事で去年のうちからAPEX弄らさせてもらいましたが、ほんと至れり尽くせりのベストマザーボードです。
まあ、良い石を持っていればどんなマザー使ってもいいとは思いますが、零下に冷やしてOCする人はいち早く導入した方がいいでしょうね。

 

a3

 

a5

 

CPU-POTに満水状態でシャットダウンすれば、だいたいの石はCBB(コールドブートバグ、CPUが冷えていると起動出来ない症状)が発生するもんですが、APEXにはCBB解除のスイッチが搭載されていて、ほぼCBBは改善されます。

調子が良いとPOTに窒素満水のまま電源落ちようが再起動し続けますので、燃料と時間の節約になりますし、なによりシステムが冷えすぎないおかげで、ベンチが長持ちします。

うまく機能しない場合は手動設定と併用すると良いようです。

 

a4

 

BIOSでの手動設定 by エルモアさん

 

 

もしあなたのCPUがRSVD/CBB修正スイッチと一緒にうまく機能しない場合は、以下の設定を手動で調整して機能させることができます。

 

★DMIブート電圧とDMI電圧を1.85V(1.75〜1.85Vの範囲)

 

★CPUのVCCIOブート電圧とCPUのVCCIO電圧を1.4V
(1.35V〜1.45Vの範囲で、DMIブート電圧を上げる場合は、これをさらに増やす必要があります)

 

★Core PLL Boot電圧、Core PLL電圧を2.2V (1.8V~2.4Vの範囲)

 

★CPU スタンバイブート電圧を1.35V (1.2V~1.5Vの範囲で、高すぎる場合は00ポストになるでしょう)

 

★PLL帯域幅は、OSにCBを持たない帯域より1ステップ高い必要があります。

 

 

 

7700kですが巷で言われてる通り、OC耐性はかなり向上しています。

私もメモリ設定など煮詰めたいので、まずは7700kを2個ほど導入。
本格的な石の御神籤や選別はまだ始めていません。

 

自分でも色々と調べてる最中ですが、国内外のお仲間が色んな情報を届けてくれるので、ホント助かっています。

そういうの楽しいし嬉しいですよね。
有難いことです。

 

APEXのBIOS設定ですがOCerにとって重要な項目はそれほど変化はありません。

 

 

で、7700kですが、せっかくですので当然ぶっかけました。

ヒートスプレッダと中のグリスがポンコツなので、剥離を回避する目的でドライアイス程度の温度から-130℃くらいの生ぬるい温度で何倍まで行けるか?で選別した後、良かった方の石を殻を割り冷やしました。

 

結果は1個目でコレ

 

 

a2

 

既に殻割らずに-130℃程度で68倍が見れていたので想像はつきましたが・・・。

72倍も見れますが数秒で落ちる感じです。

 

その後、2個目は駄目でしたが既に2個でコレですから、この先が思いやられます。
こりゃ~荒れるな~と。

 

私が知ってる情報なども全て合わせて推測しますと、現状で並の石が70倍石(7GHz)で、当たり石と言えるのは69倍、もしくは70倍でOSブートできるか、OS上で73倍以上が可能な石でしょう。
それも今年前半の予想であって、その先は更に伸びてくるかもしれません・・・。
いやいや大変ですね。

 

私もマイペースで良い石を探して行こうと思ってます。
今年も宜しくお願いします~

 

a1

 

duck @下川 泰和

この記事を書いた人:duck @下川 泰和

パソコンを高速化させる”オーバークロック”において数多くのオーバークロック世界記録を樹立した凄い人。現在はパソコンパーツの監修をしたり、パソコン系の漫画の監修をしたり、自宅でひたすらPC三昧のロックギタリスト。(詳しくはwikipediaへ)   必殺技:液体窒素でのCPU極冷


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166