RAID10 CentOS6.5 バックアップサーバ製作日誌

 

dell precision t3500 raid設定

業務拡大中の為、お客様のサーバデータを保存するバックアップサーバの容量が足りなくなってきた為、新規でもう1つ作ることになりました!

 

RAID10かRAID6か?

RAIDレベルですが、データ復旧のしやすさからRAID10を選択しています。

 

RAID10

Raid10

@see http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Watcher/20060518/238330/

 

HDD1台が壊れてもまでは安全。同一のミラーリンググループでなければ2台目も大丈夫。壊れたとしてもデータが取り出しやすい。

 

 

 RAID6

RAID6

@see http://www.atmarkit.co.jp/fsys/keyword/019raid6/019raid6.html

 

2台までHDDまで壊れても安全。ただしパリティが壊れた時はデータが各ディスクに分散している為、専門の復旧業者でないと難しい。

 

 

 

構成

  • CentOS6.5 64bit
  • Raid10(ミラーリング+スクレイピング)
  • 容量5.4TB(3TB×4×Raid10構成)
  • デバイスディスク4発+予備1発

 スペック

  • DELL PRECISION T3500
  • Quad Core XEON W5570 2.93GHz
  • メモリ 3GB
  • SEAGATE 3TB×4

 

dell precision t3500 raid設定

 

dell precision t3500 raid設定

壊れた時にデバイスがすぐわかるように数字を振っておきます。

 

 

 

Raid10 CentOS

インストールディスクを利用してRaid10を設定します。

 

 

Raid10 CentOS

Raidを組む場合は【カスタムレイアウトを作成する】を選択します。

 

 

 

Raid10 CentOS

これがデフォルトの状態です。

 

 

Raid10 CentOS Raidパーティション 作成

Software Raid boot用のパーティションを作成します。

 

 

 

Raid10 CentOS Raidパーティション 作成

 

 

Raid10 CentOS Raid Swap 作成

Software Raid Swap用のパーティションを作成します。 物理メモリが3GBなので、2倍の6GBを選択。

 

Raid10 CentOS Raid Swap 作成

 

 

Raid10 CentOS Raid Swap 作成

Software Raid ルート用パーティションを作成します。

【最大許容量まで使用】にチェックを入れて【OK】をクリックします。

 

Raid10 CentOS Raid Swap 作成

 

Raid10 CentOS Raid boot 作成

boot用RAIDデバイスを作成します。

 

 

Raid10 CentOS Raid boot 作成

上記を参考にboot用の、RAIDレベルをRAID1のRAIDデバイスを設定します。

 

 

Raid10 CentOS Raidデバイス swap 作成

上記を参考にSwap用のSwap 、RAIDレベルをRAID10のRAIDデバイスを設定します。

 

Raid10 CentOS Raidデバイス LVM 作成

上記を参考にルート用のLVMタイプ、RAIDレベルをRAID10の RAIDデバイスを設定します。

 

Raid10 CentOS Raidデバイス LVM 作成

現時点の状態。

 

 

Raid10 CentOS Raidデバイス LVM 作成

LVMボリュームグループを作成します。

 

 

 

Raid10 CentOS Raidデバイス LVM 作成

【追加】をクリックします。

 

Raid10 CentOS Raidデバイス LVM 作成

マウントポイントを【/】、ファイルシステムタイプを【ext4】、サイズを【※最大値サイズ】にして【OK】をクリックします。

 

 

 

Raid10 CentOS Raidデバイス LVM 作成

【OK】をクリックします。

 

Raid10 CentOS 設定

最終的に上記のようになりました。

 

 

Raid10 CentOS 設定

 

変更をディスクに書き込みます。後は道なりに進めていきます。

 

 

 

Raid CentOS 設定

RAID10で設定できますね。

 

後は肝心のリモートバックアップのスクリプトだったり、ディスクに異常が起きた時にメール通知するようにしたりすれば大丈夫そうですね。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166