AWS EC2 Nginx環境でのELBヘルスチェック設定 unhealthy

 

ELB ヘルスチェック unhealthy

Nginxでもリバースプロキシ設定環境になりますが、ヘルスチェックがデフォルトの80番ポートのままだとunhealthyになります。この場合はリバースプロキシ先のポート番号を指定してあげる必要があります。

 

 

ELB unhealthy

 

Nginxのリバースプロキシ先ポートにヘルスチェックを合わせてあげます。

 

ELB ヘルスチェック unhealthy Nginx

 

これで【healthy】になるはずです。

 

AWS ELBは500番系サーバエラーになったら、障害のEC2インスタンスを切り離し、EC2インスタンスが復旧するとヘルスチェック後にまたELBに繋ぎ直してくれるので手間がかかりません。

 

サーバ台数が増えることで管理の手間が増えますが、AWS ELBは死活付きのロードバランサとしてはとても安く、ダウンしてもすぐに自動復旧させたいWEBサイトなら利用しない手はないはずです。

 

AWSの構築承ります。お気軽にご相談下さい。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166