Tomcatのインストール CentOS

 

淡々とご紹介致します。

JDKのダウンロード

@see http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html
サイトからJDKのRPMをダウンロードを行い、WinSCP等でアップロードする。

 

HelloWorldを出力しよう

コンパイル

エラー発生。

 

バージョンを確認します。

javac(JRE)とjava(OpenJDK)バージョンが一致していない。

 

 

JREも最新のものをダウンロードする。WinSCP等でアップロードする。
@see http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jre8-downloads-2133155.html

 

 

 

環境パスも変更する。

反映させます。

■Tomcatインストール

 

tomcat8
@see http://tomcat.apache.org/download-80.cgi

 

ダウンロード後にWinSCP等でアップロードする。

 

 

tomcatユーザの作成

所有権を設定します。

 

 

起動スクリプト作成

 

実行権限付与

 tomcatの起動

 tomcat自動起動設定

 

 

 

http://IPアドレス:8080/examples/servlets/

http://IPアドレス:8080/examples/jsp/

 

ページを確認します。

表示されたら大成功です。

【Apacheとtomcatの連携】

 

http://IPアドレス/tomcat/examples/

http://IPアドレス/tomcat/examples/servlets/

http://IPアドレス/tomcat/examples/jsp/

 

これで8080ポートを入力する必要がなくなりました。

 

※アプリのパス

/usr/local/tomcat/webapps

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166