AWS EC2とELBロードバランサーで作る負荷分散環境

AWS 負荷分散環境 運用構築 サポート クラウドシステム導入

今回はAWSでつくるロードバランサー環境

負荷分散を行いと考えた時に、通常のLinuxだとLVSとkeepalivedやDNSラウンドロビンで負荷分散を行うのが一般的かと思いますが、Linuxの基礎的な知識に加えてNICやネットワークの知識がないと導入の敷居は高いかも。ところが!AWSですとこれらの設定がブラウザ上で高速に設定に出来ます。

 

条件

  • 2つ以上EC2インスタンスの作成
  • EC2それぞれのウェブ公開ディレクトリにindex.htmlを設置

ELBロードバランサーの作成

EC2 ELB AWS ロードバランサー

EC2サービスから【ロードバランサー】を選択します。

 

 

EC2 AWS ロードバランサー 負荷分散

【ロードバランサーの作成】を選択します。

 

AWS 負荷分散 簡単 サポート 導入支援

【ロードバランサー名】を【sysgELB】と設定して【次の手順:セキュリティグループの割り当て】を選択します。

 

 

AWS ELB ロードバランサー セキュリティグループ

【次の手順:セキュリティ設定の構成】を選択します。

 

 

AWS ELB 設定 サポート 導入支援 運用 構築

【次の手順:ヘルスチェックの設定】をクリックします。

 

 

AWS ELB ロードバランサー ヘルスチェック 設定

【次の手順:EC2インスタンスの追加】をクリックします。WEBサーバのヘルスチェック(死活確認)に必要なのでそれぞれEC2のWEBディレクトリに「index.html」を設置しておきましょう٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

AWS 運用 構築 導入支援 ロードバランサー EC2 ELB サポート

 

【次の手順:タグの追加】をクリックします。

 

AWS サポート 運用 クラウド構築 保守

【確認と作成】をクリックします。

 

 

AWS クラウド環境構築 運用保守 サポート 安い

【作成】をクリックします。

 

AWSサポート クラウド導入支援 安い ELB ロードバランサー EC2 クラウドサポート

【閉じる】をクリックします。これでロードバランサーの作成は完了です。

 

AWS ロードバランサーサポート 導入 設定 EC2 ELB

 

このDNS名を使ってブラウザのURLよりアクセスすると、アクセスするたびにEC2へのアクセスが振り分けられているのがわかります。
AWS ロードバランサー ELB EC2 クラウド導入サポート 運用保守 安いこれはEC2の1台目

 

AWS 負荷分散 ロードバランサー ELB EC2

 

これはEC2の2台目。

 

便利なAWS

通常のLinuxで組むとコンソールでの設定が必要なロードバランサーがブラウザ上で高速で組めました。便利ですね٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

 AWSへのWordPressの移行、構築運用承ります。


優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。
AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166