AWS S3で作る静的コンテンツ配信サーバ

AWS S3

静的コンテンツ配信サーバ

AWS S3を使えばお手軽に静的コンテンツ配信サーバが作れます。ここでいう静的コンテンツは画像や動画、HTML/CSSなどの静的ファイルを指します。

ファイルサーバ

また、ディレクトリ毎にアクセス制御設定が出来るのでお手軽なファイルサーバにも。

静的なWEBサイト

更にはHTTPによるアクセスにも対応しているのでHTML/CSSを設置してでWEBサイトをオープンするといった使い方も可能です。

 

今回は静的コンテンツ配信サーバとしてブラウザでアクセスできる設定を行います。

 

Amazon S3 (Amazon Simple Storage Service)

 

Amazon Web Services によって提供されるオンラインストレージWebサービス。Amazon S3は、Webサービスのインタフェース(REST、SOAP、およびBitTorrent)を介してストレージを提供する。 AmazonはS3を、2006年3月に米国で[1]2007年11月に欧州で[2]、公に利用可能なWebサービスを開始した。

開始時には、データを送信および受信に使用されるネットワークのデータ転送料金、およびリクエストごとの(getまたはputなど)の費用とともに、エンドユーザーは月額 US$0.15/GB で利用できた。2008年11月1日から、50TB以上を格納するエンドユーザーには割引価格を提供。 2014年4月1日よ り、ストレージ料金は月額 US$0.03/GB ~で利用できる。AmazonはS3は、Amazon.com自身のグローバルな電子商取引ネットワークを実行するために使用するのと同じスケーラブルな ストレージインフラストラクチャを使用していると主張。S3の用途は、ウェブホスティング、画像ホスティング、およびバックアップシステム用のストレージ が含まれている。S3は、月あたりのダウンタイム約43分に相当する毎月99.9パーセントの稼働率保証が付属している。

 

@see Wikipedia

 

 

AWS amazon web service S3 導入サポート コンサルタント

【ストレージ&コンテンツ配信】から【S3】を選択します。

 

AWS S3 バケットの作成

【バケットの作成】をクリックします。

 

 

AWS S3 サポート

【バケット名】の設定。sysg3という名前で今回は設定して、【作成】を選択します。

 

 

AWS S3 バケット作成 静的コンテンツ配信サーバ

バケットが作成されました。バケットはWindowsでいうマイドキュメントと同じようなものと考えて貰えればOK。バケット名の【sysgs3】を選択してください。

 

AWS S3 サポート 導入支援

【アップロード】をクリックします。

 

 

AWS S3 画像サーバ

【ファイルを追加する】を選択します。

 

AWS S3 画像ファイルアップロード

今回は画像をアップロードします。

 

AWS S3 静的ファイルアップロード AWS導入支援 サポート【アップロードの開始】を選択します。

AWS S3 導入支援 サポートアップロードが完了しました٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

AWS S3 WEB 公開設定

バケット【sysgs3】の部分で右クリックを押して【プロパティ】を選択します。

 

 

AWS S3 HTTP WEBに公開 設定

【アクセス許可】設定をクリック。

 

AWS S3 バケットポリシー WEB公開設定 HTTP ブラウザでアクセス

【バケットポリシーの編集】を選択します。

 

AWS S3 バケットポリシーの設定 WEBに公開する 静的コンテンツ

 

【バケットポリシー例】をクリックします。

 

AWS S3 バケットポリシーの例 WEBに公開する

AWS S3 バケットポリシー 読み取り専用でアクセスの許可をする WEBに公開 HTTP

色々設定用のスクリプトがありますが、これが良さそうですね。

 

AWS S3 ブラウザでアクセス WEBで公開 バケットポリシーの設定

AWS S3 サポート 導入支援

『examplebucket』を『sysgs3』に変更して【保存】をクリックします。

 

AWS S3 ファイル公開 WEB ホームページ サポート

 

バケット内のファイルを選択して緑のリンクをクリックします。

 

(※ sysgs3バケットは2015/10/29日 削除予定)

 

AWS S3 導入サポート コンサルティング 

 

静的WEBホスティング設定

AWS S3 WEBに公開 静的ウェブサイトホスティング

 

まずindex.htmlファイルをアップロードして、バケットのプロパティを開きます。そこで【静的ウェブサイトホスティング】を選択します。

 

AWS 静的WEBコンテンツホスティング 導入サポート 支援 サービス

【ウェブサイトのホスティングを有効にする】にチェックを入れて【インデックスドキュメント】の項目に『index.html』を設定して【保存】をクリックします。

 

エンドポイントにアクセスします。

http://sysgs3.s3-website-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

AWS S3 静的ウェブサイト公開 導入サポート

 

 

このようにファイルがWEBで公開出来ている事がわかります。今回はバケット全てをWEBに公開しましたが、ファイル単位での公開も可能です。お疲れ様です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。
プライベートが最近クラウディ。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166