2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

AWSの節約術 EC2とRDSの停止方法

AWS RDS

レンタルサーバの場合は通常は月額課金制なので、動かさなければ損というばかりに起動させがちですが、AWSのようなクラウドは使用した単位時間あたりによって課金されるモデルです。

 

レンタルサーバ

スペックによるプランごとに月額おいくら

 

クラウド

どのようなサービスを何分、何時間、何日使ったか。

AWSのインスタンスを使わない時は停止させたり、削除する。

CMや番組などで取り上げられてアクセスがあると予想される期間だけ増設して、ピークが過ぎればスリムにしてあげたり。そういう使い方が出来るのがクラウドの魅力。だから、昼間使っても夜全く使わないインスタンスなんてのがあれば、いっそのこと止めてしまうと経済的です。また、AWS使用料金の7-8割はEC2とRDSでもあります。ここのオン/オフをしっかりやればぐっとAWSの使用料金は安くなるというわけです。

 

EC2の場合

AWS EC2 停止 節約 使っていないインスタンスを停止

動いているインスタンス。

 

AWS EC2 使用していない 停止 料金

【インスタンスの状態】>>【停止】で止めてあげます。

 

RDSの場合

RDS 使っていないRDS 止める 停止 コストカット 料金安く

RDSの場合はEC2のように停止させるような操作がない。だから、スナップショットをとって削除してしまいましょう。使いたい時はスナップショットからインスタンスを復元します。

 

RDS 停止 AWS 料金 節約 止める

インスタンスで右クリックをして【スナップショットの取得】を選択。

 

AWS クラウド インスタンス 停止 RDS 節約

【スナップショット名】を記入して【スナップショットの取得】を選択します。

 

 

AWS RDS スナップショット 作成

スナップショット作成中。

 

AWS RDS 削除

 

スナップショットが取れたらインスタンスを削除する作業を行います。【インスタンスの操作】>>【削除】を選択します。

 

RDS 削除 AWS 料金節約

一応スナップショットをこの場面でも取得できますが、おっかないのであらかじめ取っておくのがいいかなと考えてます。お疲れ様です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG