Jetpack Photonの無効化 WordPress

Wordpress photon 無効化

 

画像サーバをこしらえたので、お世話になっていたCDNのPhotonを強制的に無効化したお話(๑ơ ₃ ơ)Photon導入の記事はあっても、無効化についてはあまりないようでしたので記事にしました。

CDNって何?


Webサーバー上のコンテンツの中でキャッシュが出来るファイル(画像,CSS等)をCloudFlare上のサーバーにキャッシュする事でWebサーバーのレスポンスを改善する、CDN(コンテンツデリバリネットワーク)サービス。

 

@see http://jp.cloudflare.com/

自身のサーバの代わりに静的コンテンツ(CSS,Javascript,画像等)をCDNに置くことによって、負荷分散が出来ます。GoogleやCloudFlareなどがサービスを提供しています。

メリット

サーバの高速化・軽量化が行える。CDNはハイスペックなサーバーを使っている為。

 

デメリット

CDNサーバが倒れると配信が出来なくなり共倒れ。その為に自動でフォールバック(自身に代替)する仕組みをスクリプトで用意をする必要があり。

 

例)CDNからJQueryが読み込みに失敗したら、自サーバから配信

 

WordPress JetpackプラグインのPhoton

JetpackにはCDNのPhotonモジュールと連携できる。無料でCDNが利用できるのだから凄いですね。

 

Photon導入で記事のソースコードが変化する

 

Photon jetpack 無効化

Photonを有効化するとi0.wp.comなどの外部サーバに自動的に画像がキャッシュされるようになります。サーバーは画像のリクエストを返さないように済むので負荷が抑えられる。注意したいのは間違って投稿した場合に、WPサーバ側で取り消してもPhotonサーバ側にキャッシュされたままになってしまうので気を付けて。

 

通常の手順

photon 無効化

 

Jetpackの設定からPhotonをクリック。

 

photon 無効化

 

停止をクリック。以上でPhotonは解除されます。

 

CDNの利用は任せっきりの運用の場合、CDN側で障害が起きた場合にサービスが提供出来なくなります。滅多にあるわけではないですが、CDNが止まった場合に復旧を待つ以外に手段がなくなる。

 

そんなわけで、静的ファイル配信サーバーを用意できるならば、自前で用意しちゃうのが一般的です。

 

賢いCDNの使い方

テレビCMやキャンペーンなどで一時的に大きなアクセスが予想される時に有償のCDNを使うといった方法もあります。

通常の手順ではPhotonが解除できなかったケース

バグ?他の開発会社が作ったWEBサイトを保守した時に、Jetpackの設定画面でPhotonを無効化してもPhotonが無効化出来なかった。

応急処置

上記のようにPhoton対象ファイルをコメントしたらあっさり解決。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。
秋の到来を喜んだらもう寒くなってきた。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166