EC-CUBE3 超簡単インストールのご紹介 Linux

ECCUBE インストール

こんにちは、スタッフTでございます。

 

今日は真面目に超初心者でもわかる「LinuxでのEC-CUBEインストール」方法をご紹介させて頂きます。『ECサイトを始めたい!』という方にもなるべく分かり易く書かせて頂くつもりです。

先ずは、インストール前の環境について

 

条件

(L)AMPはインストール済み

※(L)はCentOS 、AはApache、MはMySQL、PはPHP

其々のversionは以下の通りです。

  • CentOS6.7
  • MySQL:Ver 14.14 Distrib 5.6.26
  • PHP:PHP 5.5.29

作業開始。先ずは準備から・・・

)今回は同一サーバー内に複数のサイトを設けるため、ユーザの追加をして設定していきます。

手順1

手順1の最初で設定した public_html が自動的に作成されています。

データベースフォルダを用意します。

それではインストールしてみましょう

http://www.ec-cube.net/download/から最新版をダウンロードします。

(Version:eccube-3.0.3)

表示させるのは上記の ←ここ (/home/ユーザ名/public_html/eccube/html/)

なのでDocumentRootの設定を変更するため

/etc/httpd/conf.d/ の中の ユーザ名.conf/ を書き換えます

WEBで見えるか確認してみましょう!

eccube3_5表示できました!!

ではそのまま設定していきます。

eccube3_6

次に進みます

1

店名:お好きな店名を

メールアドレス・管理画面ログインID・管理画面パスワード・管理画面のディレクトリ名を設定します

 

□サイトへのアクセスをSSL経由に制限します

チェックは入れないで下さい。

2

データベースのホスト名は127.0.0.1かはlocalhostで、ポート番号は記入しなくてもOK、データベース名はeccubedbに設定しましたよね。ユーザ名も設定したものを記入して下さい。

eccube3_9

次へ進みます

eccube3_10

インストールが完了しました。

eccube3_11

ログインします

3

管理画面が表示されました

4

サイトにアクセスしてみましょう!

5

完了です。

お疲れ様でした! m(_ _)m

ECCUBEのカスタマイズを承っておりますので、お気軽にご相談ください。

T

この記事を書いた人:T

インドネシア生活に飽きて帰ってきたエンジニア
3児の母、じゃがりこをこよなく愛す。お昼もじゃがりこ、夜もじゃがりこ。
必殺技:ハイヒール

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166