DICE 固定IPなしでドメインを取得 ダイナミックDNS 【dynamic-DNS】

固定IPじゃなくてもドメインは持てるのか?

 

可能だ。そう、DICEとDDNSならね。

٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

ではDICEとDDNSとは何なのか

 

DDNS

 

DDNSとは、DNSデータベースを動的に更新する技術。IETFによってRFC 2136として規格化された「Dynamic Updates in the Domain Name System」(DNS UPDATE)の一般的な呼び名。

常時接続環境などを利用して自宅のパソコンをWebサーバなどとして公開しようとする際に、IPアドレスやプロバイダによって機械的に付加されたホスト名はあまり意味をなさない数字、アルファベット、記号の羅列となるため、一般に公開して周知してもらうためには不向きな情報である。また、ネットワークへの接続を切断、再接続する度に新しいIPアドレスが付与されてしまう場合が多い。これに対し、接続ごとにDNSレコードを更新することで一意のホスト名を常時接続環境を利用する自宅のパソコンに対して付与するサービスがDDNSである。

DDNSをサービスとして提供するのは主にDDNSサービスを専門に行う業者と常時接続環境を提供するプロバイダによるDDNSサービスの提供の2通りに分類できる。

一般的なDDNSサービスではWeb上でDDNSのホスト先としたい端末のIPアドレスを登録することでDNSレコードを更新するシステムが一般的である。また、この作業を自動的に行うツールも存在し、この場合、ユーザはWebサーバとしたいパソコンを立ち上げ、DDNSサービスへの登録ツールを常駐させておけばツール一定期間ごとにDNSレコードを更新するため、ユーザはパソコンの起動や回線の再接続の際に煩雑な登録作業を行う必要がない。

通常の契約ではインターネットプロバイダから配布されるIPはルータの再起動などで変動してしまいます。このDICEはサイコロの目のように変動したIPを検知しダイナミックDNSサーバにアクセスし、DNSのレコードを書き換えてホスト(ドメイン)との整合性を維持してくれます。

 

以下のサイトでdiceはダウンロード出来ます。

http://www.hi-ho.ne.jp/yoshihiro_e/dice/

 

dice ddns

 

ダイナミックDNS

Download EXE packageを選択します。
ダウンロードししてインストールして下さい。

 

 

まずは己を知れ!

 

ダイナミックDNS ドメイン

 

下記サイトで現在のIPを確認しましょう(ㆁᴗㆁ✿)

https://www.cman.jp/network/support/go_access.cgi

 

DDNSサービスを利用しよう

 

 

 

 

http://www.ieserver.net/

 

今回は上記のieserver様のDDNSサービスを使わせて頂きました。

 

サブドメイン DDNS【登録】を選択します。

 

 

dice5

 

sysg-hogehogeで登録しました。

diceの設定

 

DDNS

 

DICEの設定を行います。

 

dice ddns 設定

 

これでDICEの設定はおしまいです。

 

dice ping dynamicDNS DDNS

 

DNSが浸透するまで30分から1時間かかるので、時間がたったらコマンドプロンプトのpingなどでホストが設定されていること、ルーターの再起動を行いDICEがDNSレコードを書き換えてくれる事を確認して下さい。

お疲れ様です٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

 

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

Nginxへの移行案件が多いこの頃
自社サイトを魔改造するのが趣味、JavaScript
八丁堀の野菜たっぷり中華 十八番が美味しい。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166