VSCodeでファイルサーバ内の警告の設定 The host ローカルサーバ was not found in the list of allowed hosts. Do you want to open it anyway?

  • 2023年6月14日
  • 2023年6月14日
  • windows
  • 693view


こんにちはカトーです。コロナ罹患してないのにどうも最近疲れ気味です。
まぁ加齢かなと少し運動をしている日々です。

VS CodeでUNCパスで警告が出るようになる


それはそうとテキストエディタをVSCodeに切り替えてから久しいのですが、開発中の仮想サーバやらファイルサーバからのファイルを開くと
毎回エラーがでるようになりました。YesかAllowで続ければいいのですが、どうも面倒なんので設定を変更。
どうもバージョンVersion 1.78あたりから\\で始まるUNC パスで警告がでるようになった模様。

事情的には、Windows版にはUNCパスを悪用した情報漏洩の脆弱性があり、この脆弱性を悪用すると、NTLM hashesが漏洩する可能性対策との事。

参照:Visual Studio Code の情報漏えいの脆弱性 CVE-2023-29338
https://msrc.microsoft.com/update-guide/vulnerability/CVE-2023-29338

こちら環境でWindowsServerでのAD管理もしていない状況なので、ひとまずこの警告は回避しておきます。

設定


1.VSCodeの設定を開く(ファイル→ユーザー設定→設定)
2.セキュリティの項目を開く
3.”項目の追加”ボタンを押下
4.ファイルサーバをIPドレスや指定パスを入れてOK

ローカルのセグメントを一気に指定しようかと思いましたが怖いので、ひとまず1つだけ設定。
これで警告がでなくなりました。

そもそもはなんの脆弱性なのか?

そもそもこの対策とはなんなのか確認をしてみる事に。
説明にはVS Code 1.78.0以前のWindows版にはUNCパスを悪用した情報漏洩の脆弱性があり、この脆弱性を悪用すると、NTLMハッシュが漏洩する可能性とのこと。NTLMハッシュはNTLM認証プロトコルで使われる値で、認証に使うパスワードをハッシュ化したもの。 パスワードのハッシュ値が盗まれた場合、認証を突破されてしまう可能性らしいが、WindowsのNTLM認証(v1, v2) で利用されるパスワードのハッシュ、格納先も確認してみる。ひとまずWindowsのパスワード、Active Directory配下出ない場合は、Windows アカウントのパスワードは、 C:\Windows\System32\config\SAM ファイルに暗号化されて格納されている模様。同様にサーバにも格納されているからか。そもそもNTLMの流れを気にしていなかったが、後日ひとまずSMBのシーケンスだけ調べてみるか。
参考:https://github.com/microsoft/vscode/security/advisories/GHSA-mmfh-4pv3-39hr

 

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG