2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

MySQL Workbench 8.0.20を再び試す

こんにちはカトーです。
CMSやサーバになくてはならないDB、最近ではMariaDBも触ることも多いですが、MySQLも当然触ります。過去の記事も書きましたが、MySQL Workbenchも現時点で8.0.xまで上がっていますので、Windows10環境で再度セットアップしてみますよ。

 

ダウンロード

公式ページからまずはダウンロード

Windowsを始め各種Linuxのディストリビューションにも対応しております。ちなみにライブOSだと各種ライブラリが必要になりますので注意。

すでにオラクルやMySQLのアカウントがあればログインし、不要であれば、下にある「No thanks, just start my download」をクリックすれば、ダウンロードが始まります。

セットアップ


Windows版であれば、ダウンロードした mysql-workbench-community-8.0.20-winx64.msiをクリックしてインストール開始です。

最初にインストール場所を聞いてくるので、任意の場所を設定

 

 

Complete版かインストールするパッケージを選ぶ場合はCustomを選択、Customを選ぶとコアなど場所を設定できるので、違うバージョンを任意のパスで残したい場合など諸々選択できますが、ここではComplete版を入れます。

 

あとはInstallを押してインストールするだけ。

Windows10だとインストールOkですか?と警告ができますが、そのまま進んでください。

 

1~2分程で完了します。
またインストール時に競合・不要ファイルの削除チェックを行うようですので、クライアント版のUTMなどで反応することもありますので、その場合は一時的に解除してインストールしてください。

 

セットアップ

初めて起動するとWelcom画面が出ますので、手元にある某CMSをバインドしてみます。

中心にあるMySQL Connectionsをクリック

当然ですが、サーバ側でローカルしか接続が許可されないと接続できません。

 

またSSHでパスワード不可、key認証のみなど、接続方法は Connection Methodから選択します。

 

 

 

 

接続できるとメイン画面にボックスができます。

 

リバースでモデルを自動作成する

データべースといえば、モデル図ですね。
モデル図をここで作ってアップするというのが一般的ですが、今回は既存のデータべースからモデル図を作ってみます。

方法は簡単で、上メニューのDatabaseからRevers Engineerを選んで実行するだけです。

とはいえば、FK線などは引かれないので、持ってきたあとは自分でindexからFKなど加工する必要があります。

 

日本語化したい

やはり便利だが、日本語化したいと思う人もいると思いますので、手順を書いておきます。
少し前だとOSDNで日本語化ファイルを置いてる場所があったのですが、もう2011年から更新が止まっているようで(2020年6月25日現在)、調べると6.3.6からxml配布しているサイトあったので、ここから利用します。
@see 感謝
http://pcboy.dip.jp/xoopscube/modules/d3downloads/

説明書きには、
MySQL Workbench 6.3.6 CE (win32)メインメニューの一部を日本語化するxmlファイルです。

同梱の「始めにお読み下さい.txt」をお読みの上、個人の責任においてご利用願います。
一応、Windows版のWorkbench 6.1.7、6.2.5、6.3.6、6.3.7、6.3.8、6.3.9、6.3.10、8.0.13、8.0.16での動作をテストしています。
ただし、メインメニューのコミュニティ(C)の部分はエラーとなり動作しないが、大きな問題ではないと思います。
また、64ビットWindows版でもテストしています。
たぶん、Linux版にも流用できると思います。
※2016-12-11、「プラグイン(P)」から「ツール(T)」へ一部メニューの翻訳を修正しました。

デフォルトでインストールした場合は、
C:\Program Files\MySQL\MySQL Workbench 8.0 CE\data\main_menu.xml ですので、一応バックアップ後、このファイルを書き換えます。

一部英語が残っているので、気になる人はこのXMLを変更して日本語化すればOKです。ちなみにテーブル名等に日本語を利用していると文字化けしますので、編集からオプションで、フォント指定すれば文字化けを防げます。

久しぶりに入れてみてどうか?

定期的にこのWordBenchは入れて試すのですが、モデル図を作るときは本当に重宝します。またコマンドやphpMyAdminは、設計して構成するのが時間がかかるので最初からDBを作るときは利用したいなと思います。ただ既存の多テーブルの構成でリバースしてモデル図を作りたいというのは、逆に時間がかかるかもしれません(……まぁ普通でも時間がかかりますが)。またSQL文やクエリを発行する機能もあり、便利ですが若干特殊な型を使う場合は、やはりサーバで直接操作になろうかと思います。

いずれにても、便利なツールで、今後もこの手のサーバ上のDBについて操作環境は、見直・整えたいものです。

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG