goofysでAWS S3をマウントしちゃおう!

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > goofysでAWS S3をマウントしちゃおう!

goofys s3

S3のファイルシステムへのマウントといえばs3fsが有名ですが、もっと速いgoofysのご紹介です。

 

 

条件

  • AWS S3管理用の IAMユーザ作成済

 

EC2の設定を行います。

 

fuseのインストール

 

golangのインストール

 

 

パスの設定

 

バージョンの確認を行います。

 

goofysのインストール

 

S3にバケットを作ろう!

 

AWS CLIのアカウント設定を行います。

 

バケットの作成

 

goofysでマウントしちゃおう。

 

マウントポイントの作成

 

マウント!

 

マウントの確認

1ペタバイトが見えますね!

 

 

テストファイルを作成してみましょう。

 

コマンドラインで確認します。

ありますね。

 

 

 

 

GUIでも確認してみましょ~!

goofys

ありますね。

 

自動マウントの設定

idの確認

 

 

何も返ってこなければOK

 

再起動します。

 

再起動が終わったら確認しましょう。

大丈夫ですね。

 

NFSなんかでファイルシステムが存在しない場合、nofailオプションつけないと起動でひっかかったりします。しかし、goofysは/etc/fstabでマウント予定のバケットが削除されて存在しなくても、そのまま起動してくれるので安心@^ェ^@

 

お疲れ様です。

 

 

金広 優(エンジニア)

この記事を書いた人:金広 優(エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM BlueMix InfrastructureやAWSなどクラウド案件が多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166