よくあるサーバのエラーコード 400系や500系

ホーム > 業務日誌 > スタッフ別 > > よくあるサーバのエラーコード 400系や500系

 

404

サーバのエラーコードはいくつかありますが、よくあるものを覚書きしておきます。

お客さんや外部のエンジニアさんとやり取りする時は、プロとして当たり前の知識として会話に入ってくるので、サーバ管理者は以下のものを暗記した方が良いです。

 

400系 クライアント系エラー

400 Bad Request

タイプミス等、リクエストにエラーがあります。

 

403 Forbidden

パーミッションや権限設定の問題の問題です。

対策

chownやchmodでApacheが公開ディレクトリを読めるようにしましょう。またはindexとなるファイルがないなど。

 

404 File not found

ファイルが存在しない。パーマリンク設定ミスなど。

 

500系 サーバ系エラー

500 Internal Server Error

CGIスクリプトなどでエラーが出た。

対策

ライブラリの追加やプログラムの修正。

 

502 Bad Gateway

ゲートウェイやプロキシ先サーバが応答を返さない。NginxやPHP-FPM等使っていて、プログラムが処理できない時など。

対策

処理時間の修正。サーバチューニング

503 Service Unavailable

接続数設定超えなど。

対策

コンフィグをデフォルトで使っていたりする場合があるので、コンフィグを見直しましょう。また、サーバのキャパシティプランニングを行い総点検しましょう。大概はサーバのスペックアップを行わずとも対処が出来ます。また、コンフィグの場合はサーバのスペックアップをしても同様のエラーが発生するので意味がありません。
また、事前に『ただいまアクセスが込んでおります。また時間を空けてアクセスして下さい』などの案内ページを作ったほうが良いですね~。そうするとユーザさんが安心します。

 

 

優 (エンジニア)

この記事を書いた人:優 (エンジニア)

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166