WordPressのリビジョンを削除、無効化で軽量化

 

WordPress リビジョン 削除 無効化

“Windowsのシステムの復元ポイント”のように記事の復元ポイントを作ってくれます。

 

WordPressのリビジョン機能ってありますよね。記事作成中に自動保存してくれて、ブラウザのフリーズ等で戻れる便利な機能です。この便利さは人それぞれで、そんなに使ったことがない人っていうのが大半だと思います。私に関しては使った事が2回程だったかと。今回は思い切ってリビジョンを削除して軽量化をはかる方法をご紹介。

 

リビジョン削除のメリット

  1. バックアップにかかる時間と容量を削減
  2. 僅かながらの高速化

作業を行っていきます。

 

※作業の前にDBのバックアップを行いましょう。

 

WordPress リビジョン 削除 無効化

記事に関するデータは10326レコードあります。

 

 

WordPress リビジョン クエリ SQL

記事データからリビジョンデータを削除するクエリを流します。

 

 

 

WordPress リビジョン クエリ SQL 削除削除できました。記事データのおよそ7割がリビジョンに関するレコードであったことがわかります。

 

WordPress wp_posts 最適化

では、テーブルの最適化を行います。

 

 

WordPress wp_posts 最適化

無事最適化が行われました。

 

WordPress リビジョン 削除 無効化

こうしてみるとかなりの軽量化が出来たことがわかりますね!

 

リビジョンをそもそも無効化したい!

これはwp-config.phpに1行記述すれば機能を無効化することが可能です。

 

○wp-config.php

今回紹介した方法で僅かながら高速化も行えます。運用期間、記事数が多い場合はご検討されてもいいかもしれません。

 

お気軽にご相談下さい。

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166