AWS ELB(ALB)ロードバランサーを使ってURLの振り分け

AWS ELB ALB Aplication Load Balancing

 

新しいELBであるAWS ALB(Aplication Load Balancing)を使う利点として、URLの振り分けが簡単に出来るようになりました。

 

今回はAWS ELB(ALB)を使って管理系のURLをMasterに振り分けるように設定していきます。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

 

EC2サービスから【ロードバランサー】を選択肢し、【ロードバランサー】の作成をクリックします。

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

【アプリケーションロードバランサー】を選択して、【次へ】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

名前、利用可能なサブネットを選択して、【セキュリティ設定の構成】をクリックします。

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

 

【セキュリティグループの設定をクリックします】

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

ターゲットグループyuuBlogELBRoutingと名前を入力し、【ターゲットの登録】をクリックします。

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

インスタンスをクリックして、【登録済みに追加】をクリックします。

 

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress 【確認】をクリックします。

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress【作成】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

 

【閉じる】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

 

もう1つターゲットグループを作成します。

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

ターゲットグループMasteryuublogELBと名前を入力して【作成】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

 

【閉じる】をクリックします。

 

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

【インスタンスの登録と登録解除】をクリックします。

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress【保存】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress ターゲットグループ

【ロードバランサー】>>【リスナー】>>【ルールを追加する】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress ターゲットグループ URL振り分け

振り分けたいURIと振り分け先のターゲットグループMasteryuublogELBを入力し、【保存】をクリックします。

 

 

AWS ELB ALB ロードバランサー WordPress

上記のように登録しました。

  • http://ドメインorIP/wp-admin/*
  • http://ドメインorIP/wp-login.php
  • http://ドメインorIP/contents/wp-admin/*
  • http://ドメインorIP/contents/wp-login.php

上記URLにアクセスすると振り分けをMasteryuublogELBターゲットグループ振り分けることが出来ます。

 

 

優 ( 担当エンジニア )

 

システムガーディアン爆弾処理班
アクセス負荷対策などNginxへの移行案件が多いこの頃。AzureやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

AWSの構築承ります。お気軽にご相談ください!

[contact-form-7 id=”416″ title=”お問い合わせ新”]

この記事を書いた人:


この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166