Subversionサーバの構築 SVNでバージョン管理

 

入社4ヶ月の後輩にSVNの使い方を教えました。
Subversion,Git等バージョン管理ツールは受注案件の必須要件にもなっており、技術として身に着けているとチーム開発もスムーズです。

 

今回はSubversionサーバの構築方法をご紹介。少ないコマンドでサクっとインストールが可能です。

SVNのインストール

 

WEBサーバにApache、必要なモジュールをダウンロードします。

※CentOS6.5を【WEB Server】にてインストールし、ネットワーク設定直後の状態を想定しています。

SVN用ディレクトリの作成

 

 

SVNリポジトリ作成

example.com用のリポジトリを作成します。

 

コメントの編集を可能にする。

コミット時に一言メッセージを添えると、より状況がわかり易くなります。

最後に所有権を設定する

 

 Apache設定

 

今回はオンプレ環境を想定して、Basic認証のみの緩い設定にしています。

グローバルな環境にSVNサーバを設置する場合は、SSLやクライアント証明書認証にして置いた方がいいですね。

 

SVNアクセス用ユーザの作成

【ユーザの設定】

【ユーザの追加】

 

Apacheへの設定の反映

 

再起動させて反映

自動起動設定を忘れずに。

 

WEBブラウザからのアクセス

https://IPアドレス/repos/example.com/

 

Windowsクライアントなら

TortoiseSVN(https://ja.osdn.net/projects/tortoisesvn/)がおすすめです。

日本語で操作したい場合は、最新版から2つ程さげると日本語パッチが用意されているので便利。

 

 

優 ( エンジニア )

この記事を書いた人:優 ( エンジニア )

システムガーディアン爆弾処理班。アクセス負荷対策やNginxへの移行案件が多いこの頃。IBM SoftLayerやAWSなどクラウド案件も多くなってきました。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166