HTC J Butterfly HTL21 裏蓋を交換してみた。

HTC J Butterfly HTL21を分解
こんにちは。カトーです。現在システムガーディアン社ではスマホ携帯交換ブームに。そんな私は未だにHTC J Butterfly HTL21 を使っているのですが、実は液晶割れたのも所持していて、現在利用しているのは後ろのカメラ部分が傷あり、そこでカバーを交換してみます。そして折角なので、ブログの記事に。まぁ……この機種は古いので使ってる人少ないかもしれませんが、何かの役に立ちますかね?

いつも趣味でジャンクなパソコンばかり修理してたりしていますが、今後この手の記事が増えそうな予感です。

さっそくHTC J Butterfly 分解

HTC J Butterfly HTL21を分解

本体下のUSB接続 部分を押し上げ

この機種は背蓋が嵌め込み式なので、下の部分からグイグイ押し上げて隙間を作ります。強引にやるとバキッと割れますので注意です。

03

両サイドも広げて隙間を

ある程度下の部分が開いたら、両サイドも薄いプラスチックかナイフ等で傷が付かないように広げて開けていきます。

HTC J Butterfly HTL21を分解

裏蓋が空きます。青いのは防水シールです。

慎重に裏蓋を開けると、本体に接続してある嵌め込み式の配線が見えるので、こちらは外します。またぐるっと一周防水シールとありますので、再利用するので、可能であれば綺麗に外します。

 

HTC J Butterfly HTL21 分解

ちなみに壊れやすい上部、それと下のカバーはこんな感じで付いているので、何かあとで自作してみます。

06

フィルムも凄く……傷だらけ……です。

順序逆に嵌め込んでいけば完了。それにしても傷だらけ……です。

今後大容量バッテリーであれば、交換は必須かな?と

今回は裏蓋だけ交換でしたが、次はバッテリー交換でしょうか?スマホはハイスペック化が進んでますからバッテリー容量も負荷も増えています。当然バッテリーは消耗品。丁寧に使えば現在のスペック状態を考えると、本体は3~4年実用として問題ないですが、バッテリーは2年程度が寿命。今後スマートフォンのバッテリー交換は主流になっていくのでしょうね。それと重要な事ですが、保証は効かなくなるのと某スマホみたいに発火するとか危険もありますので、ご注意を。

 

加藤

この記事を書いた人:加藤

一応会社の代表、
薄毛に悩む41歳。
必殺技:秋葉原でジャンク物を買ってきて直す。

この記事に関してのお問い合わせ
御連絡・ご返信は原則2営業日以内を予定しております。
お急ぎの場合は、お手数ですが下記電話でもご対応をしております。

システムガーディアン株式会社
受付時間:平日9:00~18:00
受付担当:坪郷(つぼごう)・加藤
電話:03-6758-9166