2020年7月6日 新型肺炎ウィルスの影響を受けて、お問い合わせ対応時間が10時~18時となっております。ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い申し上げます。

Windows10 2004のハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング機能でPCは速くなるのか。

nvidiaのGeForce系ビデオカードが搭載されているPC環境に最新のWindows10と最新のビデオカードドライバを使用する事でハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリングという機能が使えるようになりました。

(OS:Windows 10 May 2020 Update(2004)にビデオカードドライバ:GeForce Game Ready Driver 451.48をインストールし、設定→グラフィックの設定でON/OFF出来るようになります。)

アクセラレータという位なのでGPU使って処理が速くなるんだろうと思い早速設定をしてみました。

ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリングはDirectX 12 UltimateのAPIを使用しているという事なので対応しているアプリケーションが無さそうな現時点でどうなるのかPCMark10を使って計測してみました。(PCMark10はDirectX11対応、今回使用したバージョンは5.26.809.0で最新版ではありません。)

結果はというと

ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリングをONにした状態の方がスコアが悪いという結果になりました。やはり対応アプリケーションが無い状態では速くはなってくれないようですね。

Windows 10 May 2020 Update(2004)でトラブルが起こっている方もいるようなので急いで利用する必要はなさそうです。

 

最新情報をチェックしよう!
>システム構築・保守に特化した会社です。

システム構築・保守に特化した会社です。

システムの構築・保守運用「システムガーディアン」 社内システム担当が欲しいが、専属で雇うほどの仕事量はない。 必要な時に必要なだけ頼りたいというお悩みを持つ企業様へ専門知識を持って対応を行っております。 サーバから各種システムまで自社・他社で構築されたシステムに対してサポートを行っております。

CTR IMG